社会・経済

土居真介容疑者の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【亀山市】

2020年9月20日、亀山市で交通トラブルから、軽四のフロントガラスを割ったとして男が逮捕されました。
容疑者は、土居真介

土居真介容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#軽四のフロントガラスを割る#土居真介の報道内容

#軽四のフロントガラスを割る#土居真介の報道内容を確認しましょう。

三重県亀山市で交通トラブルの末、ヘルメットで軽四トラックのフロントガラスを割ったとして男が逮捕されました。

逮捕された名古屋市中区の塗装工、土居真介容疑者(40)は20日午後3時半ごろ、亀山市羽若町の国道1号で、男性が運転する軽四トラックのフロントガラスをヘルメットで叩き割った疑いが持たれています。

土居容疑者はバイク数十台と車数台でツーリングをしていて車線変更をしてきた男性の軽四トラックに割り込まれたと思い、腹を立てたとみられ、調べに対し容疑を認めているということです。

要約すると、

・三重県で割り込まれたと思い腹を立て、軽四トラックのフロントガラスを割ったとして男が逮捕された。

・逮捕されたのは土居真介容疑者。同容疑者は容疑を認めている。

割り込まれたと思って相手の車のフロントガラスをヘルメットで割るとは考えられない行為ですね。軽四トラックの男性に怪我はなかったのでしょうか?

土居真介のプロフィールと動機や原因

#軽四のフロントガラスを割る#土居真介で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:土居真介

・年齢:40才

・職業:塗装工

・住所:名古屋市中区

この事件の動機(原因)は車線変更をしてきた軽四トラックに割り込まれた。

軽四トラックの男性は、指示器を出していたのか?怪我はなかったのか?などの情報はまだありませんでした。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

土居真介の顔画像

※イメージ画像

土居真介の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

土居真介の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

土居真介のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

土居真介の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが6つあり
Twitter 同姓同名アカウントが1つあり
Instagram 同姓同名アカウントが3つあり

土居真介のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

土居真介に関するネットの反応・口コミ

土居真介に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

割り込んでくる車にもよるけど、しっかりと合図とか挨拶しながら割り込んで来たのであれば、嫌な気分にはならないけど、何の前触れも無く危険な感じで割り込まれると頭には来る事は確かにありますね。そんなのにいちいち腹立てて相手に絡んでも面倒臭いし、今回のは相手もおじいさんですしね。大丈夫なのかこの爺さんと思って、スルーする位でないと日々器物損壊事件や傷害事件起こす事になってしまいますよね。
割り込み方にも問題があったかもしれないが、短気な行動が高くついたな。
バイク数十台とクルマ数台でツーリングって
本人達が迷惑運転をしてたのでは?
しかし…40歳にもなってこんな事するとは…
情けないとしか言えないね
4連休で遊びに行くつもりやったのに初日で仲間が逮捕か。残りの人たらも家に帰ったんだろうな。

土居真介まとめ

土居真介の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・土居真介の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、40歳の塗装工
・動機(原因)は車線変更をしてきた軽四トラックに割り込まれた。

如何なる理由があるにせよフロントガラスをヘルメットで割るとは、人として許される行為ではありません。深く反省すべきです。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。