社会・経済

稲垣公介の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【奈良】

2020年9月24日、奈良県で女児に性的暴行を加えたとして大学院生が逮捕されました。
容疑者は、稲垣公介

稲垣公介容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#女児に性的暴行#稲垣公介の報道内容

#女児に性的暴行#稲垣公介の報道内容を確認しましょう。

インターネット交流サイト(SNS)で知り合った小学生の女児に暴行を加えたなどとして、奈良県警西和署は24日までに、住居侵入と強制性交等の疑いで、京都市左京区吉田下阿達町の私立大学院生、稲垣公介容疑者(24)を逮捕した。

容疑を認め、「好きという気持ちがあった」などと供述しているという。

逮捕容疑は9日午後、奈良県内に住む小学校高学年の女児宅に侵入。女児に性的暴行を加えた疑い。

同署によると、同容疑者は23日に女児宅周辺に現れ、任意の事情聴取に暴行を認めたという。2人は先月ごろからSNSで連絡を取り合っていたとみられ、経緯を捜査している。

要約すると、

・インターネットで知り合った女児に暴行などを加えたとして男が逮捕された。

・逮捕されたのは稲垣公介容疑者。同容疑者は容疑を認めている。

大学院生が性的暴行。SNSを通じてこの手の事件は本当に多いです。

未成年者のインターネットの使用について考え直す必要がでてきているのではないでしょうか?そうでないとこのような犯罪は増える一方ではないでしょうか。

稲垣公介のプロフィールと動機や原因

#女児に性的暴行#稲垣公介で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:稲垣公介

・年齢:24才

・職業:大学院生

・住所:京都市左京区吉田下阿達町

この事件の動機(原因)はインターネット交流サイトで知り合った女児に好意をもっていた。

稲垣公介の顔画像

※イメージ画像

稲垣公介の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

稲垣公介の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

稲垣公介のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

稲垣公介の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントなし
Twitter 同姓同名アカウントなし
Instagram 同姓同名アカウントなし

稲垣公介のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

稲垣公介に関するネットの反応・口コミ

稲垣公介に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

自分の思い通りにしたかっただけで、それは好きとは違う。
携帯電話はやはり親が管理するしかないので、高校生とかある程度の年齢まではスマホは必要ないかなと思ってしまう。
今の時代、ゲーム内でチャットや会話ができる。ゲームを切ってしまえば履歴がない。たとえ親の携帯でも気づきにくい現実でもある。
昔よりもはるかに大人との出会いが多すぎる。
思春期にさしかかかるくらいの子供は凄く不安定。特に女の子は、自分の容姿が気になったり自信が無くなったりする。そんな時にネットやSNS上でも、褒めてくれたり、自分に関心を持ってくれる人が居ると、その人がどんな人でも王子様のように思えてしまう。以前何かのドラマでこんな事を言ってましたが、本当にそういう部分があって、その不安定さに漬け込む大人がいるのだと思います。そもそも小学校高学年相手に、好きだったなんて、自分の異常さに全く気付いて無いところが怖い。
最近は小学生のスマホ普及率も高いから、与える親もしっかりコントロールする必要がある。
中学生まではスマホは親が時々チェックすることを前提に与えるほうがいいのでは。

稲垣公介まとめ

稲垣公介の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・稲垣公介の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、24歳の大学院生
・動機(原因)は女児に好意をもっていた。

SNSを通じての事件。交流サイトの利用について考え直す必要がでてきているのではないでしょうか?このような犯罪を増やさない為にも。

最後までお読みいただきありがとうございます。