社会・経済

小船治・山本結子の顔画像とプロフィール!動機は?【群馬】

2020年8月7日、群馬県で死体遺棄事件の犯人が逮捕されています。
容疑者は、小船治、山本結子

小船治、山本結子容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#女性の遺体を遺棄#小船治・山本結子の報道内容

#女性の遺体を遺棄#小船治・山本結子の報道内容を確認しましょう。

女性の遺体を群馬県内の河川に遺棄したとして、県警は7日、住所不定の会社員小船治容疑者(34)と埼玉県久喜市鷲宮4丁目の無職山本結子容疑者(30)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。小船容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、山本容疑者は「自分は手を下していない」と一部否認しているという。

捜査1課によると、2人は7月31日夜から8月5日朝までの間、群馬県中之条町四万(しま)の日向見(ひなたみ)川に、川崎市多摩区菅1丁目の無職清野いつきさん(48)の遺体を放置し、遺棄した疑いがある。清野さんの死因は外傷性ショックで、頭や胸に大きな損傷があったという。5日に遺体を発見した釣り人から110番通報があった。

県警はほかに、神奈川県茅ケ崎市円蔵の派遣社員露木優衣容疑者(24)を犯人隠避の疑いで7日、逮捕した。露木容疑者は、小船、山本両容疑者が逮捕されないように、警察官に対してうそをついた疑いがある。容疑を否認しているという。

要約すると、

・群馬県内の河川に女性の遺体を遺棄したとして男女が逮捕された。

・逮捕されたのは小船治容疑者、山本結子容疑者。小船容疑者は容疑を認めているが、山本容疑者は容疑を一部否認している。

・他にも犯人隠避の疑いで露木優衣容疑者も逮捕。容疑を否認している。

いったい住む所も違う3人がどんな理由で女性の遺体を遺棄したのでしょうか?しかも容疑を一部否認と否認。

小船治・山本結子のプロフィールと動機

#女性の遺体を遺棄#小船治・山本結子で分かっているプロフィールの紹介と動機について確認します。

・名前:小船治

・年齢:34才

・職業:会社員

・住所:不定

 

・名前 : 山本結子

・年齢 : 30才

・職業 : 無職

・住所 : 埼玉県久喜市鷲宮4丁目

この事件の動機は調査中ということで、公表されていないようです。
一般的には次のような動機が考えられます。

・男女関係のトラブル
・金銭トラブル

※追記

小船治・山本結子の顔画像

※イメージ画像

2人の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。(露木優衣容疑者も同様)

2人の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

※追記

小船治・山本結子のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

2人の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

小船治facebook 同姓同名アカウントが8つあり
小船治Twitter 同姓同名アカウントが0
小船治Instagram 同姓同名アカウントが3つあり
山本結子facebook 同姓同名アカウントが20あり
山本結子Twitter 同姓同名アカウントが10あり
山本結子Instagram 同姓同名アカウントが19あり

2人のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。(露木優衣容疑者も同様)

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

小船治・山本結子に関するネットの反応・口コミ

2人に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

会社員なのに住所不定ってのが凄いな。
住民税はどうなってんだか。
いろいろと裏の話がありそうだ。
つながりがさっぱりわからない。

小船治・山本結子まとめ

2人の顔画像とプロフィール、動機についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・2人の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、34歳の会社員と30歳の無職
・動機(原因)は調査中

いったい何があったのでしょうか?2人が容疑を一部否認と否認しているのも気になります。

新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。