社会・経済

小竹孝次のfacebook顔画像やプロフィールが判明か!#女児を連れ去り、性的暴行#

小竹孝次(こたけ こうじ)という男性がとんでもない事件に絡んでいて報道されています。

小竹孝次という人物は、横浜市港北区に住んでいて46歳の男性ですが、プロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報をまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

※追記しました。(小竹孝次容疑者の顔画像)

#女児を連れ去り、性的暴行#小竹孝次の報道内容

#女児を連れ去り、性的暴行#小竹孝次の報道内容を確認しましょう。

女子小学生を連れ去り、性的暴行を加えたとして、神奈川県警捜査1課は17日、わいせつ略取と監禁、強制性交の疑いで、横浜市港北区高田西の無職、小竹孝次容疑者(46)を逮捕した。「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は6月29日午後3時20分ごろから約25分間にわたり、同県藤沢市の路上で、1人で帰宅途中だった市内に住む小学4年の女子児童(9)に刃物を示し、「逃げたら殺すぞ」などと脅して、当時勤務していた会社の軽ワゴン車に連れ込んで監禁したうえ、暴行したとしている。

同課によると、付近の防犯カメラには小竹容疑者の運転する車が女子児童の後を追うような様子が記録されていた。同市内では同月、小学生に対する声かけ事案が数件確認されており、同課が関連を調べている。

要約すると、

・小学生の女児を連れ去り、性的暴行を加えたとして男が逮捕された。

・逮捕されたのは小竹孝次容疑者。同容疑者は容疑を否認している。

本当に多いですね、性的暴行事件。子供たちが安心して通学できる環境が少なくなってきているのを感じさせられます。

小竹孝次のプロフィール

#女児を連れ去り、性的暴行#小竹孝次で分かっているプロフィールを紹介します。

・名前:小竹孝次(こたけ こうじ)

・年齢:46才

・職業:無職

・住所:神奈川横浜市港北区(こうほくく)高田西

小竹孝次容疑者は事件の当時は仕事をしていたようですが、どのようなことで仕事を辞めたのでしょうか?新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

小竹孝次の顔画像

※イメージ画像

小竹孝次の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

小竹孝次の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

※追記

小竹孝次容疑者の顔画像です。マスクをしているので分かりづらいですが、

 

小竹孝次のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

小竹孝次の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが0
Twitter 同姓同名アカウントが0
Instagram 同姓同名アカウントが1つあり

小竹孝次のアカウントかもしれない情報が1つありましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

小竹孝次に関するネットの反応・口コミ

小竹孝次に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

殺人よりも罪重い。一生忘れられない傷を負わせた。最低の犯罪者。
こういう児童を対象にした犯罪はもっと重罪に改正するべきだと思う。
この手の事件が次から次へと続いているのは、日本は明らかに幼児への性犯罪に対して罰が軽いからだと思います。
そろそろ厳罰化とGPS装着の法律に本気で取り組んで欲しいです。
絶対に絶対に許せません!
都内でも田舎の方に住んでいる娘2人いる母親です。毎日毎日、こんな事件を目にして本当に悲しい。刑を重くしたりするのは 直ぐには無理なので 是非、防犯カメラの設置を多くしてほしい。
私の住む街も かなり増え、防犯カメラがある電柱には 「防犯カメラ作動中!」と赤字で記入してあります。電光掲示板などで もっともっと目立つようにして いつも防犯カメラに見られている感覚にしてほしい。

小竹孝次のまとめ

小竹孝次についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

犯人が逮捕されてよかったです。

ですがまだ世の中にはこのような事件を起こす人物が潜んでいます。

幼い子供たちが安心して通学できる、遊べる環境を整えていく必要があります。

早く対策に取り組んでもらうことを願います。

最後までお読みいただきありがとうございます。