社会・経済

中村砂織のfacebook顔画像やプロフィールが判明か!福岡市ニセ電話詐欺

中村砂織(読み方:なかむら さおり)という男性がとんでもない事をやらかして報道されています。

中村砂織という人物は、福岡市博多区に住んでいて22歳の無職ですが、プロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報をまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

福岡市ニセ電話詐欺の中村砂織の報道内容

福岡市ニセ電話詐欺の中村砂織の報道内容を確認しましょう。

福岡市の高齢女性の家に警察官や金融庁職員を名乗る男女が電話をかけるなどしてキャッシュカードを騙し取った“ニセ電話詐欺”事件で市内に住む22歳の無職の女が逮捕されました。

警察によりますと、5月5日、福岡市東区に住む68歳の女性の家に東警察署の警察官を名乗る男から電話がありました。その中で「口座が不正に残高照会されている。金融庁のナカムラが向かうので持ってきた封筒にキャッシュカードを入れて保管してください」などと話しました。

その後、68歳の女性は、家を訪ねてきた女にキャッシュカード2枚を封筒に入れ渡したところ、さらに要求された印鑑を取りに行っている間に封筒をすり替えられ盗まれたということです。女性の口座からは、現金30万円が引き出されていました。

事件から4日後の9日午後になり、女が女性の家に謝罪のため訪問したところ、捜査を進めていた警察に通報され、逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕された福岡市博多区の無職・中村砂織容疑者(22)は、容疑を認め「現金を引き出したのは自分」と話していて、警察は共犯者や余罪についても調べています。

要約すると、

・警察官や金融庁職員を名乗る“ニセ電話詐欺”が発生

・68歳の女性が女にキャッシュカード2枚を盗まれた

・口座から現金30万円が引き出される。

高齢者を狙った詐欺が後を絶たない状況で、色々と注意をしていると思いますが、巧みな手口に騙される方が多くいます。
窃盗とわかっていながらこのような事件を起こさないと生活ができないことに理解ができません。

日頃、耳にしない状況が起こると信じてしまう、忘れたころに詐欺は来ると思っておいた方が良いですね。

中村砂織のプロフィール

福岡市ニセ電話詐欺の中村砂織で分かっているプロフィールを紹介します。

・名前:中村砂織(読み方:なかむら さおり)

・年齢:22才

・職業:無職

・住所:福岡市博多区

住んでる場所を地図で確認します。

 

中村砂織の顔画像

※イメージ画像

中村砂織顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

中村砂織の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

中村砂織のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

中村砂織の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが10以上あり
Twitter 同姓同名アカウントが3つあり
Instagram 同姓同名アカウントが10以上あり

中村砂織のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

中村砂織に関するネットの反応・口コミ

中村砂織に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるにでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

 

40代男性
40代男性
なんで謝罪にきたんだろう?
悪かたって改心したんだろうか・・・
30代女性
30代女性
女の逮捕で詐欺グループが摘発されるといいですね。
20代女性
20代女性
謝罪に来たってことは詐欺グループを抜けたかったのかな?
22歳なんだからもっとちゃんとした仕事いっぱいあるよね!

福岡市ニセ電話詐欺の中村砂織まとめ

中村砂織についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。
高齢者をだます詐欺は許せませんね。

今回はなぜか犯人が謝罪にきているので、本来は関わりたくなかったのではないかと思われます。
彼氏の手伝いをしたとかで、犯行後にずっと悩んでいたのかもしれませんね。
しかし、一度でも犯した犯罪は消えることはありません。
自分の心に一生残り続けるのです。

どんな理由があれ、こんな犯罪に手を染めないということを守りましょう。