社会・経済

石坂太一のfacebook顔画像やプロフィールと事件の詳細は?[群馬]車を追突、死亡させ逃亡

石坂太一(いしざか たいち)という男性がとんでもない事をやらかして報道されています。

石坂太一という人物は、群馬県に住んでいて28歳の運転代行業ですが、プロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報をまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#[群馬]車を追突、死亡させ逃亡#石坂太一の報道内容

#[群馬]車を追突、死亡させ逃亡#石坂太一の報道内容を確認しましょう。

群馬県警は16日、渋川市渋川の自動車運転代行業・石坂太一容疑者(28)を過失運転致死と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕した。調べによると石坂容疑者は、15日未明、吉岡町の県道を乗用車で走行中、軽乗用車に追突し、乗っていた男女2人を死亡させ、救護措置をとらず逃亡した疑いが持たれている。軽乗用車は横転し炎上した。車で現場を通りかかった人が、男が立ち去るのを目撃していたという。死亡した女性は軽乗用車の運転席、男性は後部座席で見つかったという。県警で身元の確認を急いでいる。

要約すると、

・群馬県で車を追突、死亡させ逃亡したとして男が逮捕された。

・逮捕されたのは石坂太一容疑者。

許されない事件ですね。どうして逃げるのでしょうか?しかも容疑者の仕事は自動車の運転代行業です。

石坂太一のプロフィールや事件の詳細は?

#[群馬]車を追突、死亡させ逃亡#石坂太一で分かっているプロフィールを紹介します。

・名前:石坂太一(いしざか たいち)

・年齢:28才

・職業:自動車運転代行業

・住所:群馬県渋川市渋川

渋川市で運転代行業を検索してみると7カ所ありましたが、石坂太一容疑者の勤務先の特定には至っておりません。

事件の詳細は、

15日午前2時10分頃、同町上野田の県道で乗用車を運転中、軽乗用車に追突して男女2人を死亡させ、逃げた疑い。「軽乗用車が炎上したので、怖くなって逃げてしまった」と容疑を認めているという。

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00050156-yom-soci

画像を見ただけで事故の凄さがお分かり頂けるのではないでしょうか。

石坂太一容疑者は仕事の帰りだったのでしょうか?それとも…。

石坂太一容疑者は15日の19時半過ぎ頃に、友人が付き添って出頭してきたそうです。

石坂太一の顔画像

※イメージ画像

石坂太一の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

石坂太一の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

石坂太一のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

石坂太一さんの情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウント11あり
Twitter 同姓同名アカウントが3つあり
Instagram 同姓同名アカウントが10あり

石坂太一さんのアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

石坂太一に関するネットの反応・口コミ

石坂太一に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

飲酒だろ 厳罰を求める
逃げちゃいかん。
あなたの運転で二人の尊い命が亡くなったと責任と罪を償ってください。
救助も通報もせず逃げたんだから殺人
当然厳罰でしょ。追突して炎上した車に人が乗っている事も知りながら逃げたら殺人罪ではないのか。法律もかない抜け道があるから過失致死くらいで済ましてしまうかもしれません。厳罰にして刑務所で一生いてくれ。
出頭も何も代行会社の車ではなかったのか?業務中?どちらにせよびびって出頭して来ても被害に遭われた方々の命は帰って来ない。厳罰を望みます。

石坂太一のまとめ

石坂太一さんについてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

自動車運転代行業を仕事とする身で車を追突させ、死亡させた上に逃亡とは悪質な行為です。

友人に付き添われて出頭できるなら、どうして事故を起こした時点で対応できなかったのでしょうか?怖くなったと言っても自身が起こした事件です。

深く反省ししっかりと罪を償ってほしいものです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。