社会・経済

吉江慧悟の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【東京】

吉江慧悟の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【東京】

2020年9月2日、東京でモノレールの連結部分を壊した事件が発生しています。
容疑者は、吉江慧悟(読み方:ふるえけいご)

吉江慧悟容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#東京でモノレールの連結部分を壊した#吉江慧悟の報道内容

#東京でモノレールの連結部分を壊した#吉江慧悟の報道内容を確認しましょう。

東京モノレールの走行中の車内で、車両間の連結部分を覆う蛇腹状の「ホロ」を切り抜いて運休させるなどしたとして、警視庁東京空港署は28日、千葉県印西市滝野6、介護施設職員、吉江慧悟(けいご)容疑者(28)を器物損壊と偽計業務妨害の疑いで逮捕したと発表した。「仕事のストレス発散のため、好きな旧式車両の1000形のホロを切りたかった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は9月2日午後11時10〜35分ごろ、東京モノレールの浜松町―羽田空港第3ターミナル間を走行中の車内で、ホロ2カ所(損害額計166万円)をカッターナイフで楕円(だえん)形に切り抜き、運休させるなどしてモノレールの業務を妨害したとしている。

同署によると、乗務員が被害に気づいて安全確認を余儀なくされたため、被害に遭った列車1本が運休したほか、上下線5本に最大15分の遅れが出た。今年1〜9月に同様の被害が7件(損害額計約650万円)あり、同署が関連を調べている。

要約すると、

・2020年9月2日午後11時10〜35分ごろ、東京モノレールの浜松町―羽田空港第3ターミナル間を走行中の車内で、ホロ2カ所(損害額計166万円)をカッターナイフで楕円形に切り抜いて破損させた

・本人は容疑を認めている

・2020年1月~9月に同様の被害が7件あったので関連を調べている

ストレスがあったからといって迷惑をかけてはいけません。この事件で大勢の人の被害がでて、復旧にも時間がかかっています。しっかりと罪を認めて二度と同じようなことがないようにしっかり反省してほしいと思います。

吉江慧悟のプロフィールと動機や原因

#東京でモノレールの連結部分を壊した#吉江慧悟で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:吉江慧悟(読み方:よしえけいご)

・年齢:28才

・職業:介護職員

・住所:千葉県印西市滝野6

住んでる場所を地図で確認します。

 

この事件の動機(原因)は以下のように自供しています。
「仕事のストレス発散のため、好きな旧式車両の1000形のホロを切りたかった」

吉江慧悟の顔画像

※イメージ画像

吉江慧悟の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

吉江慧悟の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

吉江慧悟のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

吉江慧悟の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが1つあり
Twitter 同姓同名アカウントが0つあり
Instagram 同姓同名アカウントが1つあり

吉江慧悟のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

吉江慧悟に関するネットの反応・口コミ

吉江慧悟に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

していいこととしてはいけないことの区別くらいつけよ
だめすぎて言葉がでない
こういう人が人を支える仕事をしてはいけないよ。このことでどのくらい人に迷惑をかけたことか…
罪は重いからきちんと余罪を認めろよ

吉江慧悟まとめ

吉江慧悟の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・吉江慧悟の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、28歳の介護職員
・動機(原因)は「仕事のストレス発散のため、好きな旧式車両の1000形のホロを切りたかった」

ストレスがあっても人に迷惑をかけていけないことをこの事件を機に再認識しましょう。