社会・経済

佐藤和夫の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【新潟】

佐藤和夫の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【新潟】

2018年3月12日~2018年10月19日の間、新潟で死体遺棄事件が発生しています。
容疑者は、佐藤和夫(読み方:さとうかずお)

佐藤和夫容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#新潟で死体遺棄#佐藤和夫の報道内容

#新潟で死体遺棄#佐藤和夫の報道内容を確認しましょう。

新潟・柏崎市のアパートの一室で切断された遺体が見つかった事件で、警察は、この部屋の契約者である48歳の男を死体遺棄の疑いで逮捕した。

死体遺棄の疑いで逮捕された、東京・豊島区に住む佐藤和夫容疑者(48)は、2018年3月12日ごろから、遺体が見つかった10月19日までの間に、自身が契約していた新潟・柏崎市のアパートに、切断した遺体を遺棄した疑いが持たれている。

警察によると、遺体はアパートの押し入れで胴体と右脚が袋にくるまれ、衣装ケースに入った状態で見つかり、その後、同じ押し入れの中から頭や左脚など、ほかの部位も発見されたという。

佐藤容疑者は22日午前、知人に連れられて東京の池袋警察署に出頭し、遺体を遺棄したことを認めたことから逮捕され、身柄は午前2時すぎに、捜査本部のある柏崎警察署に移された。

遺体の身元はわかっていないが、佐藤容疑者が「遺体は親族である」という趣旨の説明をしていて、警察は遺体の身元の特定を急ぐとともに、事件の経緯を調べている。

要約すると、

・2018年3月12日ごろから、遺体が見つかった10月19日までの間に、自身が契約していた新潟・柏崎市のアパートに、切断した遺体を遺棄した疑い

・遺体の身元はわかっていないが、佐藤容疑者が「遺体は親族である」という趣旨の説明している。

・容疑者は2020年10月22日午前、知人に連れられて東京の池袋警察署に出頭し、遺体を遺棄したことを認めたことから逮捕に至る

2年前に死体遺棄事件の犯人が自首しました。なぜこのような事件が起こったかわかりませんが、しっかり罪を認めて罪を償ってほしいと思います。

佐藤和夫のプロフィールと動機や原因

#新潟で死体遺棄#佐藤和夫で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:佐藤和夫(読み方:さとうかずお)

・年齢:48才

・職業:不詳

・住所:東京都豊島区

住んでる場所を地図で確認します。

 

この事件の動機(原因)は調査中ということで、公表されていないようです。
一般的には次のような動機(原因)が考えられます。

・トラブル
・恨みがあった

佐藤和夫の顔画像

※イメージ画像

佐藤和夫の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

佐藤和夫の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

佐藤和夫のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

佐藤和夫の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが98つあり
Twitter 同姓同名アカウントが96つあり
Instagram 同姓同名アカウントが54つあり

佐藤和夫のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

佐藤和夫に関するネットの反応・口コミ

佐藤和夫に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

罪の気持ちに押しつぶされたのなら殺人を犯さなければよかったのに…
新潟にも家があるということはお金持ちなの??
きちんと罪を償ってほしいし、とりあえず亡くなられた人の素性を話すべき。
なぜ今自首する気持ちになったのかよく分からない…

佐藤和夫まとめ

佐藤和夫の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・佐藤和夫の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、48歳の職業不詳
・動機(原因)は調査中

自首しても逃げている期間が長ければ罪が重くなることをこの事件を機に再認識しましょう。