社会・経済

浅野可意の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【東京】

浅野可意の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【東京】

2020年8月15日、宮崎でひき逃げ事件が発生しています。
容疑者は、浅野可意(読み方:あさのかい)

浅野可意容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#東京でわいせつ行為#浅野可意の報道内容

#東京でわいせつ行為#浅野可意の報道内容を確認しましょう。

任天堂の人気ゲーム「スプラトゥーン」のイベントを一緒に見ようと女子中学生を自宅に誘い込んでわいせつな行為をしたとして、警視庁葛西署は7日、同ゲームのプロゲーマーだった専門学校生の浅野可意(かい)容疑者(20)=東京都江戸川区中葛西4=を強制性交等とわいせつ目的誘拐の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は8月15日ごろ、ツイッターで知り合った女子中学生に「一緒にゲーム観戦しよう。女性もいるよ」とメッセージを送って東京メトロ葛西駅まで呼び出し、自宅に連れ込んでわいせつな行為をしたとしている。「無理やりではない」と容疑を否認している。

浅野容疑者がかつて所属していた事務所によると、浅野容疑者は昨年11月から「いぐ」という名前でスプラトゥーンのプロゲーマーとして活動していたが、わいせつ行為の疑いが浮上したため、契約を解除された。同署によると、被害女性とは同ゲームに関するメッセージのやり取りをツイッター上でしていたという。【土江洋範】

要約すると、

・8月15日ごろ、ツイッターで知り合った女子中学生に「一緒にゲーム観戦しよう。女性もいるよ」とメッセージを送って東京メトロ葛西駅まで呼び出し、自宅に連れ込んでわいせつな行為をした

・容疑者は「無理やりではない」と容疑を否認

・元プロゲーマーの「いぐ」として活動していたが、わいせつ行為の疑いが浮上したため、契約を解除された

また、SNSを通じて出会い、わいせつな行為をする事件が起こりました。有名人の不倫やわいせつ行為もそうですが、有名な人だと思うと安心してついて行ってしまいがちです。SNSで会うことも注意しなければなりませんが、有名な人もしっかり責任をもって行動してほしいと思います。

浅野可意のプロフィールと動機や原因

#東京でわいせつ行為#浅野可意で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:浅野可意(読み方:あさのかい)

・年齢:20才

・職業:元プロゲーマー、現在専門学校生

・住所:東京都江戸川区中葛西4

住んでる場所を地図で確認します。

 

この事件の動機(原因)は調査中ということで、公表されていないようです。
一般的には次のような動機(原因)が考えられます。

・ストレス発散
・相手に興味があった
・性的欲求

浅野可意の顔画像

浅野可意

TBS NEWS動画より

浅野可意の顔画像は、TBS NEWSの動画より確認できました。

浅野可意の細かいプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

浅野可意のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

浅野可意の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが2つあり
Twitter 同姓同名アカウントが0つあり
Instagram 同姓同名アカウントが0つあり

浅野可意のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

浅野可意に関するネットの反応・口コミ

浅野可意に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

浅野可意って人何のプロゲーマーなん? 知っとる人教えて〜。 後、する事やばくて草
浅野可意ってプロゲーマーしらねぇんだが?自称プロゲーマーなのか? プロゲーマーでも世に回らないプロゲーマーなのか?
中学生…誰を何処まで信じるかぁ… 難しいかなぁ
性犯罪で逮捕された浅野可意って人スプラのプロゲーマーだったのか…

浅野可意まとめ

浅野可意の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・浅野可意の顔画像は確認できた。
・プロフィールは、20歳の元プロゲーマーで現在専門学校生
・動機(原因)は調査中

SNSを通じて、人に会うことは命の危険があることをこの事件を機に再認識しましょう。