社会・経済

藤島翔容疑者の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【福岡】

2020年9月13日、福岡市で傷害事件が発生しています。
容疑者は、藤島翔(読み方:ふじしま しょう)

藤島翔容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#女性を車で引きずる#藤島翔の報道内容

#女性を車で引きずる#藤島翔の報道内容を確認しましょう。

福岡市で車を止めようとしてしがみ付いた女性を約40メートル引きずってけがをさせたとして、35歳の男が逮捕されました。

警察によりますと、自称・建設作業員、藤島翔容疑者(35)は13日午後7時ごろ、福岡市博多区那珂の路上で軽乗用車で親族の女性(30)を約40メートル引きずって転倒させ、けがをさせた疑いが持たれています。妻との離婚話がもつれた藤島容疑者が3歳の娘を車で連れ去ろうとし、それを止めようと助手席側にしがみ付いた女性をそのまま引きずったということです。女性は頭を切るなど全治1週間の軽傷です。連れ去られた娘にけがはありませんでした。警察の調べに対し、藤島容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

要約すると、

・車にしがみついた女性を引きずったとして男が逮捕された。

・逮捕されたのは藤島翔容疑者。同容疑者は容疑を認めている。

・離婚話のもつれから藤島容疑者が娘を連れ去ろうとして女性がそれを止めようとした模様。女性は軽傷。

40メートルも車で引きずるとはなんと酷い行為なのでしょうか。女性も軽傷で幸いでしたが。

藤島翔のプロフィールと動機や原因

#女性を車で引きずる#藤島翔で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:藤島翔(読み方:ふじしま しょう)

・年齢:35才

・職業:自称・建設作業員

・住所:福岡市南区

この事件の動機(原因)は離婚話のもつれから。

事件の概要をもう少し詳しく説明すると

藤島容疑者の妻は別れ話のもつれから3歳の娘を連れて女性宅に身を寄せていて、藤島容疑者が娘を車で連れ帰ろうとしたために妻と女性が前に立ちはだかり、女性は車にしがみついた状態で引きずられたということです。

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200914-00000001-tncv-l40

藤島翔の顔画像

※イメージ画像

藤島翔の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

藤島翔の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

藤島翔のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

藤島翔の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが14あり
Twitter 同姓同名アカウントが3つあり
Instagram 同姓同名アカウントが3つあり

藤島翔のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

藤島翔に関するネットの反応・口コミ

藤島翔に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

こうなったら復縁とかまず無理だよ
ただ、どちらが離婚したくて、どちらが離婚したくないのかわからないからなー
詳しい事情はわからなくても、どうして奥さんが親族の元に身を寄せなければならなかったのか、充分察しがついてしまう。
警察沙汰になったことで、せめてすっきり別れられるといいですね。
よほどのことないかぎり親権は母親にいく。子どもが可愛いのであれば冷静に話し合い持つべきだった。もう良いパパでいられなくなった。接見禁止出されるだろう。
よく引き摺られる人いるけど、車にしがみつくのは危ないよ。

藤島翔まとめ

藤島翔の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・藤島翔の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、35歳の自称・建設作業員
・動機(原因)は離婚話のもつれから。

如何なる理由があるにせよ車で女性を引きずるとは人として許されない行為です。

深く反省し、罪を償ってもらいたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。