社会・経済

外川正明の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【千葉】

外川正明の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【千葉】

2020年8月20日、千葉で強盗致傷事件が発生しています。
容疑者は、外川正明(読み方:とがわまさあき)

外川正明容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#千葉で強盗致傷#外川正明の報道内容

#千葉で強盗致傷#外川正明の報道内容を確認しましょう。

今年8月、千葉県松戸市内の住宅に男2人が押し入り、現金2万円が入った財布などを奪った事件で、県警は10日、強盗致傷などの疑いで、埼玉県鶴ケ島市脚折の自称無職、外川正明容疑者(22)を逮捕した。容疑を認めている。被害者宅には事件当日、警官をかたる男から「お金はありますか?」と尋ねる不審な電話があり、県警はアポ電(アポイントメント電話)強盗とみてもう1人の男の行方を追っている。

逮捕容疑は8月20日午後6時20分ごろ、松戸市秋山の住宅にガス検査員を装って侵入し、住民の男性(80)を羽交い締めにし、粘着テープで縛るなどの暴行を加え、現金2万円の入った財布や腕時計など計15点を奪ったとしている。

県警によると、男性は1人暮らしで、事件当日の午前11時ごろ、松戸署員をかたる男の声で「お金はありますか?」と尋ねる不審な電話があったという。付近の防犯カメラの映像などから外川容疑者が浮上し、逮捕に至った。

8月下旬に神奈川県でも同様の手口の事件が発生しており、県警は逃走中の男の行方を追うとともに関連を調べる。

要約すると、

・8月20日午後6時20分ごろ、松戸市秋山の住宅にガス検査員を装って侵入し、住民の男性(80)を羽交い締めにし、粘着テープで縛るなどの暴行を加え、現金2万円の入った財布や腕時計など計15点を奪った

・防犯カメラの映像から逮捕。本人は容疑を認めている

・同様の事件も発生しているため余罪がないか調査中

計画的な犯行と考えられます。現在は防犯カメラもあり、犯罪は簡単に特定できます。もう一人の容疑者の逮捕され、2人ともきちんと罪を償ってほしいと思います。住民の男性の怪我が軽症だったことが救いです。

外川正明のプロフィール

#千葉の強盗致傷#外川正明で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:外川正明(読み方:とがわまさあき)

・年齢:22才

・職業:自称無職

・住所:埼玉県鶴ケ島市脚折

住んでる場所を地図で確認します。


9月10日 17:46
ドリーム
この事件の動機(原因)は調査中ということで、公表されていないようです。
一般的には次のような動機(原因)が考えられます。

・お金に困っていた
・見つからないと思った

外川正明の顔画像

※イメージ画像

外川正明の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

外川正明の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

外川正明のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

外川正明の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが6つあり
Twitter 同姓同名アカウントが0つあり
Instagram 同姓同名アカウントが2つあり

外川正明のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

外川正明に関するネットの反応・口コミ

外川正明に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

お金があるかと聞かれてお金があると答える人はいるのか?
犯行が行き当たりばったりすぎる
2万円強盗したら、とても罪になることを知らないのか
自称無職ってことは働いているね。しっかり、職業を伝えるべきだ

外川正明まとめ

外川正明の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・外川正明の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、22歳の自称無職
・動機(原因)は調査中

強盗は、立派な罪であることをこの事件を機に再認識しましょう。