社会・経済

松崎有美容疑者の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が[札幌市東区]

2020年9月5日、札幌市東区で長男への傷害容疑で女が逮捕されました。
容疑者は、松崎有美(読み方:まつざきゆみ)

松崎有美容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#長男への傷害容疑#松崎有美の報道内容

#長男への傷害容疑#松崎有美の報道内容を確認しましょう。

9月5日、北海道札幌市東区の住宅で6歳の長男の顔に携帯電話を投げつけ骨折させたとして、42歳の母親が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、札幌市東区伏古の会社員 松崎有美容疑者(42)です。

松崎容疑者は5日午後8時ごろ、自宅で6歳の長男の顔に携帯電話を投げつけて鼻の骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれています。

長男が通う保育園がケガに気づいて区に連絡し、発覚しました。

松崎容疑者は「息子と口論になり、携帯電話をソファに投げつけたつもりが鼻に当たってしまった」と容疑を一部否認しているということです。警察が当時の状況を詳しく調べています。

要約すると、

・札幌市で6歳の長男への傷害容疑で女が逮捕された。

・逮捕されたのは松崎有美容疑者。同容疑者は容疑を一部否認している。

・長男は鼻を骨折し重傷。

6歳の子どもと口論になって携帯電話を投げつけるとはいったいどんな内容で口論になったのでしょうか?

松崎有美のプロフィールと動機や原因

#長男への傷害容疑#松崎有美で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:松崎有美(読み方:まつざきゆみ)

・年齢:42才

・職業:会社員

・住所:北海道札幌市東区伏古(ふしこ)

この事件の動機(原因)は長男と口論になって携帯電話をソファに投げつけたら長男の鼻にあたってしまった。

松崎有美の顔画像

※イメージ画像

松崎有美の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

松崎有美の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

松崎有美のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

松崎有美の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが6つあり
Twitter 同姓同名アカウントが1つあり
Instagram 同姓同名アカウントが22あり

松崎有美のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

松崎有美に関するネットの反応・口コミ

松崎有美に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

イライラして携帯投げたら
うっかり子供に当たってしまった
ってのが本当だとしても
病院に連れて行かないのは何でなの?

普段からやってたんじゃないかと疑います。

当てなければいいということではないような…6歳とか、親がそんなことしてたら怒ると物を投げていいんだと思っちゃうよ。
そりゃ、聖母のようにおおらかで冷静に子育てできるのが一番いいけど、お母さんだって人間だから、いっぱいいっぱいになって、物に当たってしまうこともあるかもしれない。
でも、この件の場合、それが子どもに当たって骨折してるのに病院に連れて行ってない点は疑問を感じる。
子どもが怪我して痛がっていたら、休日だろうと夜間だろうと、医者にみてもらいたい、痛みをとってやりたい、と思うのが母親ってもんだと思う。
冷静さをなくし、とっさに携帯を投げる行為。。
当たり前の日常茶飯事といったところだろうね!
まだまだ、ありそう。。。

松崎有美まとめ

松崎有美の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・松崎有美の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、42歳の会社員
・動機(原因)は長男と口論になって携帯電話をソファに投げつけたら長男の鼻に当たった。

当時の詳しい状況が分かっていませんが小友と口論になったからといって物を投げつけるという行為はよくありませんね。深く反省すべきでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。