社会・経済

金田絢也容疑者の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【名古屋】

2020年9月5日、名古屋でひき逃げ事件が発生しています。
容疑者は、金田絢也

金田絢也容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#名古屋のひき逃げ#金田絢也の報道内容

#名古屋のひき逃げ金田絢也#の報道内容を確認しましょう。

名古屋市中区の繁華街で男性をはねて重傷を負わせたうえ、そのまま逃げた27歳の男が、ひき逃げの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは大阪市西区の自称会社役員、金田絢也容疑者(27)で、5日未明、名古屋市中区栄三丁目の住吉通の路上で、42歳の男性をはねてそのまま逃げた疑いです。

この事故で、はねられた中区の会社役員の男性(42)は、肋骨などを折る重傷を負いました。

警察の調べに対し金田容疑者は「何かに乗り上げたことは間違いないが、人とは分からなかった」と容疑を一部否認しているということです。

目撃者が犯行車両のナンバーを覚えていたことから、金田容疑者の車を割り出し逮捕に至ったということです。

警察は事故当時の詳しい状況や動機について調べを進めています。

要約すると、

・名古屋でひき逃げをしたとして男が逮捕された。

・逮捕されたのは金田絢也容疑者。容疑を一部否認している。

・男性は重傷。

人とは分からなかったとのことですが、そんなことあるのでしょうか。

金田絢也のプロフィールと動機や原因

#名古屋のひき逃げ#金田絢也で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:金田絢也

・年齢:27才

・職業:自称・会社員

・住所:大阪市西区

この事件の動機(原因)は何かに乗り上げたことは間違いないが人とは分からなかった。

事件の詳細は以下の通りです。

 5日午前0時ごろ、中区栄三丁目の住吉通と呼ばれる繁華街の路上で、道で横たわっていた男性を通りかかった乗用車がはね、そのまま逃走しました。

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200905-00030781-tokaiv-soci

被害者の男性は酔って横たわっていたのでしょうか。

金田絢也の顔画像

※イメージ画像

金田絢也の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

金田絢也の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

金田絢也のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

金田絢也の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが1つあり
Twitter 同姓同名アカウントが1つあり
Instagram 同姓同名アカウントが2つあり

金田絢也のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

金田絢也に関するネットの反応・口コミ

に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

轢き逃げはほぼ逃げ切れない
乗り上げたって言うなら
そこで確かめないと……
結局言い訳は通らないしね
夜に繁華街を走る時は酔っ払いが寝ているつて思って運転すべし
良く「人とは分からなかった」と言う事を話している轢き逃げ犯人いますけど、そもそも何かに乗り上げて、それ相当な衝撃があるのにそのまま何事も無く通り過ぎる事自体が普通に有り得ないでしょ。
ひき逃げとかは、絶対に
いけない事だが、被害者の
方は酔っ払って路上で
寝ていたのかな?
何かに乗り上げた時点で普通止まるだろうが。

金田絢也まとめ

金田絢也の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・金田絢也の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、27歳の自称・会社員
・動機(原因)は何かに乗り上げたことは間違いないが人とは分からなかった。

乗り上げたということはかなりの衝撃があったはず、どうして確かめなかったのでしょうか。今後の情報が気になるところです。新しい情報が入り次第、追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。