社会・経済

土手佑太の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【東京】

土手佑太の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【東京】

2020年7月29日、東京でわいせつ目的で部屋に侵入した事件が発生しています。
容疑者は、土手佑太 (読み方:どてゆうた)

土手佑太容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#東京でわいせつ目的で部屋に侵入#土手佑太の報道内容

#東京でわいせつ目的で部屋に侵入容疑#土手佑太の報道内容を確認しましょう。

東京・武蔵野市のアパートで、住人の20代の女性がゴミ出しに行った隙に部屋に侵入し、わいせつな行為をしようとして、男が逮捕されました。

警視庁によりますと、住居侵入と強制わいせつ未遂の疑いで逮捕されたのは、職業不詳の土手佑太容疑者(25)で、先月29日夜、武蔵野市のアパートで、20代の女子学生の部屋に侵入し、わいせつな行為をしようとした疑いがもたれています。

土手容疑者は、帰宅途中の女子学生のあとをつけ、女子学生が帰宅後に、ゴミ出しに行った隙をついて室内に侵入していました。

ゴミ置き場はアパートの敷地内にあり、部屋から15メートルほどの距離だったため、女子学生は鍵をかけていなかったということです。

部屋はワンルームで、土手容疑者は、クローゼットの中に隠れましたが、身体がはみ出していたため女子学生に気づかれ、さらに大声を上げられたため口をふさぎ押し倒してきたということです。

調べに対し、土手容疑者は、「好みの女の子を見つけたのであとを追った。ドアの死角で待っていた」などと容疑を認めているということです。

要約すると、

・7月29日夜、帰宅途中の女子学生のあとをつけ、女子学生が帰宅後に、ゴミ出しに行った隙をついて室内に侵入した

・犯人に気づき、大声を上げられたため口をふさぎ押し倒したため通報

・容疑者は「好みの女の子を見つけたのであとを追った」と供述

自宅に知らない男の人がいたら女性は恐怖です。被害者はとても精神的苦痛を感じたことでしょう。好みの女の子だからといって自宅に侵入するのは犯罪です。被害者の精神的ケアと共に犯人は二度と同じことをしないように罪の意識を感じてほしいです。

土手佑太のプロフィールと動機や原因

#東京でわいせつ目的で部屋に侵入容疑#土手佑太で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:土手佑太(読み方:どてゆうた)

・年齢:25才

・職業:職業不詳

・住所:不明

事件のあった東京都武蔵野市を地図で確認します。

この事件の動機(原因)は調査中ということで、公表されていないようです。
一般的には次のような動機(原因)が考えられます。

・女性に振り向いてほしい
・興味本位
・女性と接点がほしい

土手佑太の顔画像

※イメージ画像

土手佑太の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

土手佑太の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

土手佑太のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

土手佑太の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが0つあり
Twitter 同姓同名アカウントが0つあり
Instagram 同姓同名アカウントが0つあり

土手佑太のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

土手佑太に関するネットの反応・口コミ

土手佑太に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

もっとそういうの罪を重くしてほしい…絶対軽い可能性がある
ゴミ捨ても気が抜けない…
自宅に戻ると男がいるって…女性が無事なことが唯一の救い
しっかり罪を償ってほしい

土手佑太まとめ

土手佑太の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・土手佑太の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、25歳の職業不詳
・動機(原因)は調査中

自宅に無断に侵入することは罪に問われますので、この事件を機に再認識しましょう。