社会・経済

古茂田明典の顔画像とプロフィール!動機や原因に大きな反響が【愛知】

2020年8月11日、愛知県で暴行事件が発生しています。
容疑者は、古茂田明典(読み方:こもだあきのり)

古茂田明典容疑者のプロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、動機や原因について報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報を簡潔にまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#非番の警察官が暴行#古茂田明典の報道内容

#非番の警察官が暴行#古茂田明典の報道内容を確認しましょう。

11日午後、愛知県小牧市内の映画館で、面識のない男性の肩を掴み引きずる暴行を加えたとして、愛知県警の警察官の男が現行犯逮捕されました。

現行犯逮捕された半田警察署・地域課の古茂田明典 容疑者(53)は、11日午後4時半ごろ、小牧市内の映画館で面識のない男性(34)の左肩を掴んで引きずる暴行を加えた疑いがもたれています。

古茂田容疑者はこの日、非番で1人で映画を観に行っていました。

古茂田容疑者は警察の調べに対し「相手の左肩を掴んだことは認めるが、引きずるといったことはしていない」と容疑を一部否認し、「男性が映画上映中にスマホを操作していて、注意したのにやめなかった」と供述しているということです。

愛知県警の依田龍次郎首席監察官は「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントしています。

要約すると、

・愛知県の映画館で面識のない男性に暴行を加えたとして警察官が逮捕された。

・逮捕されたのは古茂田明典容疑者。容疑を一部否認している。

・映画の上映中にスマホを操作しているのを注意したが男性が止めなかったと供述している。

被害者の男性もマナー違反ですよね。注意志手も止めなかった。ですが暴行を加えたのはいけませんね。しかし古茂田容疑者は一部を否認とのこと。

古茂田明典のプロフィールと動機や原因

#非番の警察官が暴行#古茂田明典で分かっているプロフィールの紹介と動機や原因について確認します。

・名前:古茂田明典(読み方:こもだあきのり)

・年齢:53才

・職業:半田警察署・地域課

・住所:愛知県名古屋市守山区喜多山

この事件の動機(原因)は映画の上映中にスマホを操作している男性に注意をしたが止めなかった。

古茂田明典の顔画像

※イメージ画像

古茂田明典の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

古茂田明典の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

古茂田明典のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

古茂田明典の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが1つあり
Twitter 同姓同名アカウントが0
Instagram 同姓同名アカウントが0

古茂田明典のアカウントかもしれない情報が1つ見つかりましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

古茂田明典に関するネットの反応・口コミ

古茂田明典に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるのでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

スマホ男が肩を掴んで引きずられたと通報したのか?
こういう風にスマホ操作した人を排除したい時はどうすればいいのかな?
係員呼ぶにしてもその間は映画観られないよね。
心情は警官よりだが館内では防犯カメラ等もないだろうから、暴行の有無の立証は難しいね。やめなかった男性の神経も疑う。
暴力はいけないと言うのが当たり前ではあるが、気持ちはよくわかる。
やったことは暴行になるのかも知れないけど、上映中のスマホ注意したのにやめないって、そっちにも非があるよね。

古茂田明典まとめ

古茂田明典の顔画像とプロフィール、動機(原因)についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

・古茂田明典の顔画像は確認できていない。
・プロフィールは、53歳の半田警察署・地域課の警察官
・動機(原因)は映画の上映中にスマホを操作している男性に注意をしたが止めなかった為。

警察官であるがゆえ、許せなかったのか?警察官であるからこそもう少し考えて行動するべきだったのでは…?

楽しむ場でのマナー違反。一人ひとりが守って欲しいと思いますよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。