スポーツ

阿炎の引退届が受理される!不適切行動に親方もお手上げ?

大相撲の幕内力士である阿炎政虎(あび・まさとら)が引退届を提出していることが判明しました。

きっかけは、7月場所中にキャバクラに出入りしていたことが判明し、阿炎は途中休場したこと。
コロナ禍の最中の軽率な行動に相撲界や世間が厳しく反応しました。

阿炎の引退届提出の報道内容

阿炎の引退届提出の報道内容を確認しましょう。

大相撲の幕内力士、阿炎(26=錣山)が日本相撲協会に引退届を提出していたことが4日、分かった。

阿炎は不要不急の外出自粛を求められている中、7月場所中にキャバクラに出入りしていたことが発覚。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の判断で、7日目から休場していた。日本相撲協会は6日の理事会で処分などについて検討するため、阿炎の引退届は現時点で受理されていない。

◇  ◇  ◇

阿炎が師匠の錣山親方を通じて、4日までに引退届を提出していた。日本相撲協会は受理していないため、引退が決まったわけではない。6日に理事会が開かれ、処分が決まる見通し。受理されるか否かについても、議論の対象になる可能性がある。

幕内力士として責任を痛感したからこその判断に至ったとみられる。阿炎は7月場所7日目(7月25日)から突然休場した。同日、NHK大相撲中継の解説を務めた師匠の錣山親方が「数人のお客様と会食に行ったため、大事を取り休場することになった」と説明。「自業自得というか、本人がコロナにかかるのは自分の責任。協会員が一丸となり、お客さんを入れて開催するのに最低のこと」と厳しく指摘していた。

その翌日、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は会食場所について「小池都知事が言う夜の店」とし、回数についても「場所前と場所中と2回」と明かした。阿炎とは別の部屋に所属する幕下以下の力士も同席していた。関係者によると、「夜の店」は、キャバクラであることも判明していた。

日本相撲協会は観客を入れて7月場所を開催するにあたり、独自のガイドラインを作成。「基本的に外出自粛とし、不要不急の外出をしない」などルールを定めて、全協会員に周知していた。新型コロナウイルスの感染防止に向け、一丸となっていただけに、芝田山広報部長は「情状酌量の余地もない」と断言するなど、協会内には怒りの声が上がっていた。

阿炎とキャバクラに同行していた幕下以下の力士はすでに協会に進退伺を提出している。協会の力士ら協会員への処分は軽い順にけん責、報酬減額、出場停止、業務停止、降格、引退勧告、解雇の7項目。阿炎は師匠と話し合った末の引退届提出とみられ、処分内容にかかわらず角界を去る可能性が高いという。

要約すると、

・阿炎が日本相撲協会に引退届を提出していた。

・8月6日の理事会で処分などについて検討予定

・キャバクラに同行していた幕下以下の力士も協会に進退伺を提出している。

相撲界でもコロナ禍の影響で事件が発生している。
旅行業や飲食業のような生きるか死ぬかの瀬戸際ではない相撲界ですが、阿炎の不適切行動が炎上してしまいました。

親方の錣山親方(元関脇寺尾)もこれまでの数々の騒動もあってお手上げ状態なのではないでしょうか。

阿炎の引退届は受理されるのか?

阿炎が日本相撲協会に引退届を提出していたことが判明しましたが、実際に受理されるかは決まっていません。

なので、引退ということまでは決定していないのですが、大枠の予想では受理されるのではないかとのことのようです。

相撲界ではコロナ感染によって死者が出ているだけに今回のキャバクラ通いの行動には強い批判が寄せられています。

相撲界ではコロナ感染によって亡くなった力士

新型コロナウイルスに感染していた大相撲の三段目力士・勝武士(しょうぶし)(本名・末武清孝さん、高田川部屋)が5月13日、28歳の若さで亡くなった。コロナによる死者では国内の報告例で最も若く、国内の現役スポーツ選手では初のコロナ禍の犠牲者となった。鍛え上げた肉体と強じんな精神力の持ち主である力士が、1カ月に及ぶ闘病の末に力尽きた衝撃は、角界やスポーツ界はもちろん一般社会にまで及んだ。

阿炎の引退届の受理は今回のキャバクラ通いだけが理由ではなく、これまでの数々の不適切行動を鑑みての判断になるでしょう。

世間を騒がせた阿炎の不適切行動をまとめて見ました。

阿炎の不適切行動のまとめ

阿炎の不適切行動を簡単にまとめて見ました。

2019年11月「手足をテープで縛った動画」事件

十両の若元春の手足をテープで縛った動画をインスタグラムに投稿し炎上。

阿炎は悪ふざけ動画として投稿したが、暴力を連想させるなどの批判を浴びたことが原因でこの時は協会から口頭で厳重注意を受け、反省文を提出している。

2020年2月「講習会居眠り」事件

不祥事の再発防止を目的として全協会員を対象とした研修会で居眠り。その後の取材発言で炎上。

「手足をテープで縛った動画」事件もあったため開かれた研修会。
当の本人は、「爆睡していた」「寝ていたので何も聞いていない」と発言して非難を浴びた。

この時は、鏡山コンプライアンス部長から厳重注意を受けている。

2020年7月「コロナ禍の場所中のキャバクラ通い」事件

場所前と場所中の2回、タニマチや幕下以下の力士とキャバクラに行っていた。

日本相撲協会「基本的に外出自粛とし、不要不急の外出をしない」とルールを定めていた。

阿炎の不適切行動に親方もお手上げ?

錣山親方(元関脇寺尾)も度重なる不適切行動にお手上げ?なのでしょうか。

今回の引退届の提出は親方と相談してのことであると言われています。
お相撲さんにとって引退は最悪の処分となるわけですが、今回の事件を親方としてかなり重く受け止めているということでしょう。

やはり相撲界でコロナ感染で死者がでてしまっているので、阿炎の軽率な行動がさらに死者を出す可能性もあったわけです。
もし、阿炎が陽性であったなら間違いなく即引退だったでしょう。

しかし、阿炎は2020年6月に結婚したばかり、これから相撲界を盛り上げていく力士でもあるので、引退届の受理は相撲協会にとっても判断が難しいところです。

コロナがなければこのような事件は起こらなかったので、とても残念な事件ですね。

阿炎の引退届は受理されるのか?のネットの反応

ネットの反応はどうでしょうか。

今までの行動、言動を考えたら
遅かれ早かれ阿炎はこういった不祥事で
相撲が続けられなくなるのは明白だろう。

引き止めることなく受理して欲しい。

てか、嫁さん、貧乏くじ引いたな。

おそらく引退勧告までには至らなかったはずだし寺尾も説得してた筈なのに、本人が辞めると言い出した。
…申し訳ないけど、それって本当に反省してるのかと思ってしまう。

「寝てたから聞いてないし」発言より以前にも、Twitter上でファンに叩かれた際に「炎上上等!ワラ」なんて焚き付けたこともあるし…。
「辞めてやるよ」みたいな辞め方なんじゃないだろうか…。こんな幕引きガッカリです。

我慢に我慢を重ねている他の力士から、相当の反感を買っていることは想像に難くない。
過去の彼の言動、行動からすると、このまま相撲界にいても、新たな問題を起こしかねない。
自ら引退の道を選んだことは、当然といえば当然のこと。

今回タニマチから誘ったのか、阿炎から誘ったのかわからないが、今の大相撲を取り巻く状況を知らないわけがない。
協会のガイドラインも出ている。
どんなに苦労して本場所の開催にこぎつけたのか理解していれば、キャバクラなぞには行っていない。
タニマチも猛省していただきたい。

ほんとにダメな奴だな。引退までしなくてもいいような気もするが、今回の件は協会員や観客まで感染のリスクにさらすことになる。今の状況では重く受け止めるべき。不適切動画の投稿と、「寝てた」発言は、本人がバカなだけだが、。
錣山部屋に関取がいなくなるのは残念だね。いい師匠なのに。

阿炎の引退届は受理されるのか?のまとめ

阿炎の引退届は受理は当然だという声も多くあるようですが、どのような結果になるのでしょうか。

相撲協会としてはこれだけ大きな問題になったので、厳しい判断をしなければいけないのは当然なのかもしれません。

阿炎本人の反省度合いがどのように受け止められるかで、受理の判断も行われるでしょう。