社会・経済

斎藤学のfacebook顔画像やプロフィールが判明か!#ごみ集積所に放火した男がヤバイ#

斎藤学のfacebook顔画像やプロフィールが判明か!#ごみ集積所に放火した男がヤバイ#

斎藤学(読み方:さいとうまなぶ)という男性がとんでもない事件に絡んでいて報道されています。

斎藤学という人物は、東京都文京区に住んでいて52歳の無職ですが、プロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、報道情報をもとに調査しています。

知りたい情報をまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#ごみ集積所に放火#斎藤学の報道内容

#ごみ集積所に放火#斎藤学の報道内容を確認しましょう。

 東京・豊島区で、小学校の通学路にあるごみ集積所に火をつけたとして、52歳の男が警視庁に逮捕されました。

建造物等以外放火の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の斎藤学容疑者(52)です。警視庁によりますと、斎藤容疑者は今月10日の午前4時ごろ、豊島区池袋本町のごみ集積所で段ボールに火をつけ、スプレー缶や本などを燃やした疑いがもたれています。

ごみ集積所は小学校の通学路沿いにあり、小学校の塀が焼けるなどしましたが、けが人はいませんでした。現場近くの防犯カメラには、斎藤容疑者が火をつけて立ち去る姿が写っていました。

取り調べに対し容疑を認め、「刑務所を出たばかりで行くあてがなかった」「逮捕された方がましだと思った」と供述しているということです。

要約すると、

・東京・豊島区で、小学校の通学路にあるごみ集積所に火をつけた怪我人はなし

・放火の罪で1週間前に出所したばかり

・「生きていくことが面倒くさくなった。刑務所の方がましだ。」と供述している

刑務所の方がましという理由で、放火は許せません。放火した場所は小学校の通学路にあるごみ集積所なので、通行人や子供が多数犠牲になったかもしれない。放火がどんなに怖いことかをしっかり自覚してほしいです。

斎藤学のプロフィール

#ごみ集積所に放火#斎藤学で分かっているプロフィールを紹介します。

・名前:斎藤学(読み方:さいとうまなぶ)

・年齢:52才

・職業:無職

・住所:住所不定

犯行のあった東京都豊島区池袋本町の場所を地図で確認します。

斎藤学の顔画像

※イメージ画像

斎藤学の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

斎藤学の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

斎藤学のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

斎藤学の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントが201つあり
Twitter 同姓同名アカウントが7つあり
Instagram 同姓同名アカウントが53つあり

斎藤学のアカウントかもしれない情報がいくつか散見できましたが、特定まではできませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

斎藤学に関するネットの反応・口コミ

斎藤学に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるにでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

ほんと、ふざけるなー。みんなな必死に頑張って生きているんですよ! こんな人に税金が使われることが不快です
やった行為は浅はかで許せないけれど、出所しても再就職が厳しく住まいも確保するのが難しい制度にも問題はある。実際、犯罪者でなくても住まいも仕事もほぼ保証人を必要とするし本当に大変。結局再犯しないと生きられず舞い戻る人が年齢重ねるごとに増える。逮捕→刑務所で終了ではなくその先も大事
通学時間に放火されていたらと考えるだけでぞっとする。怪我人がないことが救い
出所後に再び罪を犯さないようにする体制は整っていたのだろうか

斎藤学まとめ

斎藤学についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

「逮捕された方がましだと思った」と語るように、出所後に安定した生活が送れないことから再犯に繋がったケースとなりました。再犯を防ぐためにどうしていくのかを法的にも考えなくてはならないのではないでしょうか。