社会・経済

石舘満也の顔画像やプロフィールは?事故現場は?#大型トラックで中学生をはね死亡させる#

石舘満也(いしだて みちや)という男性がとんでもない事件に絡んでいて報道されています。

石舘満也という人物は、47歳の会社員ですが、プロフィールや経歴から顔画像が特定されている可能性があります。
facebookやTwitter、Instagram等のSNSなども判明しているのか、報道情報をもとに調査しています。

事故が起きた現場はどのような所なのでしょうか?

知りたい情報をまとめて提供します。
最後までお見逃しなく!!

#大型トラックで中学生をはね死亡させる#石舘満也の報道内容

#大型トラックで中学生をはね死亡させる#石舘満也の報道内容を確認しましょう。

愛知県安城市で19日朝、自転車で通学途中の男子中学生が大型トラックにはねられ死亡し、警察は運転していた男を現行犯逮捕しました。

安城市高棚町で19日午前7時半ごろ、市内に住む中学1年の加藤大翔くん(12)が自転車で歩道を走っていたところ、ガソリンスタンドに入るため左折してきた大型トラックにはねられました。

加藤くんは病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。通学途中だったということです。

警察は大型トラックを運転していた会社員・石舘満也容疑者(47)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

調べに対し石舘容疑者は、「ガソリンスタンドへ給油のために入ろうとした」と供述しています。

要約すると、

・愛知県で男子中学生が大型トラックにはねられ死亡。トラックを運転していた男を現行犯逮捕。

・逮捕されたのは石舘満也容疑者。

・石舘容疑者はガソリンスタンドに入ろうとしていたとのこと。

左折時での事故。男子中学生が見えていなかったということでしょうか。通学路であれば特にこの時間帯は注意しなければいけないでしょう。

石舘満也のプロフィール

#大型トラックで中学生をはね死亡させる#石舘満也で分かっているプロフィールを紹介します。

・名前:石舘満也(いしだて みちや)

・年齢:47才

・職業:トラック運転手

・住所:愛知県西尾市

事故現場は?

事故現場を確認してみましょう。

石舘満也容疑者がガソリンスタンドに入ろうとした時に事故は起きました。

やはり男子中学生が見えていなかったということでしょうか?注意してよく確認すれば事故は防ぐことができたのでは…。

石舘満也の顔画像

※イメージ画像

石舘満也の顔画像は、報道されている情報では確認できませんでした。

facebookやTwitter、Instagram等のSNSなどでも顔画像の情報を確認してみましたが現在のところ判明していないようです。

石舘満也の顔画像やプロフィールなどの情報はわかり次第、追記して提供していきたいと思います。

石舘満也のFacebookやtwitter、Instagram

※イメージ画像

石舘満也の情報をfacebookやTwitter、InstagramのSNS情報から確認します。

facebook 同姓同名アカウントなし
Twitter 同姓同名アカウントなし
Instagram 同姓同名アカウントなし

石舘満也のアカウントはありませんでした。

Twitterや5ちゃんねるなどでも情報はないようなので、特定ができ次第お伝えしようと思います。

石舘満也に関するネットの反応・口コミ

に関するネットの反応や口コミにはどのような書き込みがあるでしょうか。
Yahooニュースのコメントやツイートされている内容などから調べてみました。

※イメージ画像

同じプロドライバーです
給油のために入ろうとした!……そんな事聞いてるんじゃないよ
施設に入る為にはほとんどが歩道を跨ぐんだから何故廻りを見ない?
もちろんドライバーにかなりの非があると思うけど自転車、歩行者の人にも十分に気を付けて欲しい
自分が見えているから向こうも見えているとは限らない事を分かって欲しい
死角で見落としたのか、確認がおざなりだったのか。
トラックに限らず車の運転は怖いね。
一瞬の油断、気の緩みが取り返しのつかない事故になるから。
他人事と思わず、気を付けるようにしないと。
大型トラックの場合、左側には巻き込み防止の為のアンダーウィンドウが付いている。
明らかに注意不足でしょう。
亡くなった中学生が可哀想。
車道と歩道の間にもかなり幅が広い縁石で囲われたエリアもあるから死角だからは通じないよ。
これは。

石舘満也のまとめ

石舘満也についてSNSなどのネットの情報からまとめてみました。

通学時に起きた痛ましい事故。特に朝は急ぐ気持ちもあったりして注意しなければいけない時間帯です。

ドライバーは本当に気持ちを引き締めて運転する必要がありますね。

亡くなった男子中学生のご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。