芸能

多重人格者・haru、何人現れる?再び出演、1番だけが知っている

多重人格者・haruさんが11月25日「1番だけが知っている」に再び出演されます。

前回の放送では6人の人格が出現。今回は違った人格が現れると言います。

いったい何人の人格が現れるのでしょうか!?ここでは多重人格者についてやharuさんが持っている人格、前回の「1番だけが知っている」の放送についての世間の反応などについてお届けしていきましょう。

 

 

多重人格者とは?

多重人格者とはその名の通り多くの人格を持つ人の事を指しますが、以前は多重人格障害(MPD)と言われていました。

今は解離性障害と言います。

その中で最も症状が重いとされているのが解離性同一性障害と言われるもの。これは切り離された記憶であったり感情が成長をし別の人格として現れます。

その重さは人それぞれで、本人に特に問題のない状態から生活に支障をきたすものまであります。

例えば鬱症状が出たり、薬物を乱用したり。更には不安障害や統合失調症のような症状が出たり、自傷行為や自殺に至るケースもあります。

解離性同一性障害の原因としては幼い頃や学童期に受けた精神的ストレス。具体的に言うと、

①いじめ

②虐待

③周囲からの支配によって自己表現ができない。

④殺傷事件や交通事故を見たり、家族の死を経験。

などが上げられます。

今回御紹介する多重人格者・haruさんは解離性同一性障害(DID)と診断されている方。それではharuさんについてお届けしていきましょう。

 

 

多重人格者・haruとは?

 

上記のTwitterはharuさんのTwitterです。

日常の一コマが綴られています。

haruさんを御紹介していきましょう。

多重人格者・haruさんは1996年生まれ。御両親はエンジニアをされていたとのこと。戸籍の上では女性ですが、御自身は男性。解離性同一性障害の他にも、発達障害と性同一性障害であると診断されており障害手帳を持たれています。

御両親はharuさんが小学校2年生の時に離婚をされ、お父様はharuさんが6年生の時に亡くなられたそうです。

haruさんの多重人格が現れ始めたのは3歳の時。haruさんではない別の人の声が聞こえていたと言います。

同じ頃に性別に対しても違和感を感じていたとか…。そしてそれがもっと明らかに現れ始めたのは中学生になってから。2年生の時には鬱病に。3年生ではテストを受けた記憶がなかったり、記憶にない解答をしていたりの経験をされたそうです。

理数系の科目の成績が良かったと言います。

高専に入ると更に状態は顕著になったとか。学校を抜け出したり、図書室へ逃げたり、出席日数が足りなくなるほどに。

そんなharuさんの異変に気付いた担任の先生が病院で診断を受けることを勧めて下さり、解離性同一性障害であることが分かりました。

担任の先生は素晴らしい方ですよね、haruさんの事をしっかりと見ておられ異変に気が付かれた。

そして現在haruさんは、システムエンジニアや保育士、塾講師の仕事をされながら通信制の大学で社会福祉士の勉強をされています。

haruさんは今年9月19日、Abema TV「カンニング竹山の土曜THE NIGHT」に出演。10月28日には「1番だけが知っている」に出演をされました。

また取材にも応じられています。

haruさんは先程御紹介したようにTwitterをされていて、日常のharuさんの様子が投稿されています。

もっとharuさんの日常の生活を知りたいという方はTwitterをチェックされてみてはいかがでしょうか?

そして11月25日に再び「1番だけが知っている」にharuさんが出演。はたして何人の人格が現れるのでしょうか…。

 

 

多重人格者・haruが「1番だけが知っている」に再び出演、何人現れる?

解離性同一性障害のharuさんには何人の人格があるのでしょうか?haruさんは取材において、御自身の別の人格を以下のように語っています。

 洋祐:「僕」と同い年で、交代人格のまとめ役。
結衣:16歳。交代人格の中で唯一の女性。体の性別に沿わせようと頑張った時期、彼女を生み出すことで女性として生きようとしたのではと考えられる。
悠:男性でも女性でもない。鬱病で不登校になった時に形成されたと思われる。知らない間にリスカさせられた。
はると:6歳。詳細は不明。
悟:13歳。中学に入学し、一生けん命適応しようと思っていた頃の人格。
圭一:25歳。学生時代、テストを代わりに受けて成績を維持していた存在。賢い。
航介:17歳。高専でロボットを作っていた時期にいたのではと推測される。
付(つき):気がついたときにいた。深夜に家を飛び出したりしていた頃の人格。
圭吾:19歳。他の人格から聞くところによると、変な人に絡まれるなど危ない局面で、まとめ役の洋祐が意図的に出せる唯一の人格。彼以外の人格はあっけにとられているが、圭吾は逃げたり振り払うことができる。「僕」が19歳の頃と関係しているかも知れないが、その時何があったか思い出せない。
灯真:年齢がなく、いつからいたか不明。真剣な雰囲気が苦手な「僕」の代わりに、彼が全部肩代わりしている。

引用符 : https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00201078-hbolz-soci&p=3

haruさんには10人の人格が存在しています。

前回放送された「1番だけが知っている」では「洋祐・結衣・悟・はると・灯真・圭一」の6人が登場しました。

前回の放送を見た方たちの感想がこちら。

 

あくまで10人の人格は主として出るのではなく、援助していく役目だと言います。

主となるのはharuさん。つまり先程、haruさんを紹介した時に、記憶のないテストや理数系の科目の成績が良かったということをお伝えしましたが、haruさんではない10人のうちの圭一さんや悟さんがテストを受けていたことになりますね。

学校を抜け出したりしたのも他の誰かが…??

25日 、20時57分~「1番だけが知っている」の放送では現れなかった人格が登場すると言われています。

さて何人の人格が現れるのでしょうか?残りは「悠・航介・付・圭吾」の4人。

注目です。

 

2019年11月25日追記)

残りの4人の人格者がわかりましたので、追記します。

航介(こうすけ)
17歳の高校生 F1やロボットなどのメカニック好き
高専に通っているときに現れた人格

悠(ゆう)
14歳 本が好き 精神的に病んでいる

付(つき)
気まぐれで深夜徘徊が好き
晴れた月の出る日

圭吾(けいご)
撃退したりはしないけど、守ってくれる。

 

 

 

多重人格者・haru何人現れる?再び出演、1番だけが知っているについてのまとめ

多重人格者・haruさんについてお届けしてきました。

解離性同一性障害のharuさん。今までに様々な葛藤があったことでしょう。現在は御自身の障害を受け止め10人の人格者と上手く付き合いながら、社会福祉士という夢に向かって頑張っておられます。

10人の中の一人であるまとめ役の洋祐さんに教えてもらった言葉 「生きているだけで花丸」、心うたれる言葉ですね。本当にそう思います。

11月25日の放送では前回に現れなかった人格が登場すると言います。

どんな人格で何人登場するのでしょうか?注目です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。