社会・経済

孫正義はなぜ無利益供給ができるのか?供給物資一覧!!

ソフトバンクの会長である孫正義が数々の医療用物資を無利益で供給している。
次々に独自ルートや独自施設でのマスクや防護服を破格の単位で供給できるようになっています。

なぜ、本業の会社が赤字決算であるにも関わらず、新型コロナウィルスの蔓延で医療物資不足に対応ができるのかを探ってみました。

そこには驚きの理由が・・・

孫正義の無利益供給の報道内容

孫正義の医療用物資の無利益供給に関する報道内容を確認しましょう。

ソフトバンクグループは、電気自動車や携帯電話部品などを手掛け最近ではマスク製造にも乗り出したBYD(ビーワイディー)と提携し、マスクを調達する。ソフトバンク用のマスク製造ラインが設置され、5月から月産3億枚のマスクが納入される。

孫正義代表取締役社長兼会長が、同氏のTwitterアカウントで11日夜、明らかにした。ツイートでは、3億枚のうち、医療用高機能N95が1億枚、一般用サージカルが2億枚になるという。まずは政府のマスク関連チームと連携して、医療現場をはじめ、日本国内へマスクを供給していく。

要約すると、

・ソフトバンクグループがBYD社の工場にソフトバンク用のマスク製造ラインを設置

・月に3億枚の製造ができる。

・内訳は、医療用高機能N95が1億枚、一般用サージカルが2億枚

マスクを製造することがなかった会社が孫正義氏の指示で国よりも素早い行動でマスクを自己製造できるようにするなんて、さすがは孫会長ですね。

このマスクは一般に出回るのがいつなのか不明ですが、今は医療機関優先でいいのではないでしょうか。

孫正義の無利益供給物資の一覧

孫正義氏が供給する物資はマスクだけでなくいくつかありますので、一覧にしてみました。

 

物資 製造/調達 数量
医療用マスクN95 BYD内のSB専用ライン 1億枚
サージカルマスク BYD内のSB専用ライン 2億枚
フェイスシールド 緊急入手出来るかも 10万個単位
医療用メガネ 緊急入手出来るかも 10万個単位
医療用防護服 調達 100万枚
医療用ガウン 調査中

 

一覧にすると凄いですね。
これだけのものを利益なしで供給してくれるソフトバンクって何者?という感じ。
売名行為だという声も聞こえますが、売名だけでこれだけのことはできないでしょう。

かなりの社員の労力、時間を使っているはずです。
目に見えない経費も莫大なものではないでしょうか。

私が孫氏の立場だったらこんな指示はできないだろうなって思います。

<医療用マスク・サージカルマスク>


ソフトバンクの行動力に脱帽です。
中国の電気自動車メーカーの比亜迪(BYD)は2月からマスク製造を開始していて、BYDから孫氏に提案があったということです。

フェイスシールド・医療用メガネ


数の単位が凄い!!
数千、数万単位じゃないですもんね・・・

万個単位で探し出すことができるのはソフトバンク・孫会長ぐらいなのではないでしょうか。

他にガッポリ利益がある会社ってまだまだたくさんあるんですが、どこも手を挙げてないのは何だろうと思います。
今こそ投資のチャンスなのではないかなとも思います。

医療用防護服

防護服も1万枚じゃないですよ。
100万枚です!!

どのように医療機関に配布されるかわかりませんが、医療機関にとっては救世主です。
命に関わる問題なので本来は国が真っ先に行うことなのですが・・・

 

孫正義の供給物資に手を挙げた方々は?

 

大阪府の吉村洋文知事が手を挙げて、買い取りしたいとの申し出を行っていて、孫氏も了承されています。

 


愛知県の大村知事も手を挙げて、医療用資器財全般の購入をしたいとのこと。

 


群馬県の山本一太知事も手を挙げられました。

他の県は大丈夫なのかなあ。
国が何とかしてくれるのまっているのかな?

物資があるところ、準備できるところがあれば、すがりたいというのが本音なのかもしれませんね。

孫氏のようにいざというときに人脈の大切さを感じます。