まめ知識

禍の読み方って?「コロナ禍」は「コロナうず」と読んでたのだ~れだ!!

新型コロナウィルスの猛威によって各日々の報道でよく目にするようになった「コロナ禍」という文字。
そろそろ人前で読むタイミングが来そうなくらい使われていて不安になっているのではないでしょうか。

今回は、この「コロナ禍」の読み方を伝授しちゃいましょう。

「コロナ禍」の読み方

まずはこちらのニュース題名の読んでみてください。

ニトリ、コロナ禍でも「増収増益宣言」の衝撃

 

多くの方が「コロナうず」って適当に読んでいたという事実をお伝えしておきましょう。

おっ!みんなも俺と同じだったのか。
安心した(^^♪

そんな安心している場合じゃないですよ。
そろそろ読めないと恥ずかしいくらいにネット上では使われ始めているから。

では、正解はこちらスクロールしていくと答えが。。。

 

正解は、「コロナか」

はい、”コロナ禍”の「禍」は「か」と読みます。

これで一安心ですね。
会社やお友達の間でもさりげなく読んでみてください。

「禍」という漢字の意味は?

では、「禍」という漢字の読み方はわかったけど、どのような意味があるのかをお伝えしましょう。

「コロナ禍」って読めてもどんな意味?
って聞かれて答えられるように伝授しちゃいます。

「禍」という漢字の読み方は別にもあって、

[音よみ]カ(クヮ)
[訓よみ]わざわい まが

と読みます。

簡単に言うと、”思いがけない災難”を意味して使われます。

どのような言葉となるのかというと、

[音よみ]「禍根・禍福/奇禍・災禍・惨禍・水禍・舌禍・戦禍・筆禍・輪禍」
[訓よみ]「禍事・禍禍しい」

難しい、普段は使うことがない言葉ばかりですね。

特に、訓よみの方は、禍事(まがごと)・禍禍(まがまが)しいという難読の部類になってるようです。

「禍(わざわい)」と「災(わざわい)」の違いは?

Twitter2

コロナ禍の読み方を理解されたところで、もう少し深く理解してもらうために「禍(わざわい)」と「災(わざわい)」の違いについて解説していきます。

「禍(わざわい)」とも読むということは確認できていると思いますが、このわざわいって普段は「災(わざわ)い」の方をよく見聞きするのではないでしょうか。
わざわいと言えば、「災」の方ですよね。

ではそれぞれの違いを見ていきます。
どちらも望まないことが起こったことを意味する言葉ですが、発生した原因によって使い方が違ってきます。

災(わざわ)い 天災などの防ぎようのない出来事 地震・噴火・台風など
禍(わざわい) 人為的ミスや予防していれば防げるなどの出来事 火事・病気など

なので、「コロナ禍」は人為的ミスというよりも予防していれば防げるものという意味合いで使われているということになるでしょう。

みなさん一人一人の心構えが重要だということの意味を込めてこの「コロナ禍」という言葉が使われ始めたのではないでしょうか。

「コロナ禍」の読み方へのネットの反応

「コロナ禍」の読み方って意外とネットで話題になってます。

ネットの反応はどうでしょうか。

 

 

禍の読み方のまとめ

禍の読み方についてまとめると、

・コロナ禍は”ころなか”と読む。
・禍と災の違いは人為的なものかそうではない防ぎようのないことか。
・コロナうずって読んでいたいた人多数・・・

漢字ってまだまだ読めないことが多いので、ニュースを見るたびに勉強になるので、わからないことがあればgoogleさんに頼りましょう!!