未分類

マスク姿のタヌキケーキの翁堂本店とは?オススメのお菓子は?

松本市の翁堂本店にマスク姿をしたタヌキケーキが登場し、SNS上で話題となっていることが報道されました。

新型コロナウイルス感染拡大による予防を呼び掛けとした商品です。

翁堂本店とはどんなお店なのでしょうか?オススメは?お届けしていきましょう。大変な時ではありますが、何だかホッコリするニュースです。

翁堂本店のマスク姿のタヌキケーキが話題!についての報道内容

松本市の翁堂本店のマスク姿をしたタヌキケーキが話題となっていることについての報道内容を確認しましょう。

松本・大手の老舗菓子店「翁堂本店」(松本市大手4、TEL 0263-32-0183)の「タヌキケーキ」に、マスク姿のものが登場し、話題になっている。(松本経済新聞)

「タヌキケーキ」は、まだ生クリームが貴重だった時代に流行したバタークリームを使ったケーキ。「昭和のケーキ」とも言われ、懐かしさとレトロな雰囲気を持つ。同店のものは、ロールケーキが土台。1958(昭和33)年ごろから、変わらず作り続けているという。

マスク姿は、定番タイプにバタークリームを使って描いたもの。「予防シヨー」「手洗い大切」などのメッセージを添えることもある。SNSにアップして予防を呼び掛けようと作ったが、投稿が話題になり、商品化した。同店の木内靖さんは「不謹慎だと言われるかと心配していたが、喜んでくれる人が多くてありがたい」と話す。

以前、全国各地の洋菓子店で販売されていたという「タヌキケーキ」は、徐々に姿が減り、現在は「絶滅危惧種」と呼ばれるほど貴重なものになっている。近年、テレビ番組や雑誌で取り上げられたこともあり、じわりと人気が再燃。「インスタグラムで、ハッシュタグを付けて投稿してくれる人が増え、全国各地のものを見られるようになった。それぞれタヌキの表情が違って面白い」

同店のショーケースに並ぶのは、定番のほかに、親子タヌキや、サッカーボールが付いたもの、土台のスポンジを斜めにして山を表現した登山バージョンなど、豊富なバリエーション。季節に合わせて、ひな祭りや子どもの日にちなんだもの、サンタクロース姿も登場する。ホワイトチョコレートを使ったシロクマやパンダなど、ほかの動物も。「お客さんからのリクエストに応えるうちに、どんどん増えていった」と木内さん。ラム酒の入った「ラムボール」を使った「大人のタヌキケーキ」や、松本民芸館の創設者・丸山太郎の絵本「たぬきの東京見物」からイメージした列車の形のケーキもある。

一つ一つ表情が異なる「タヌキケーキ」に、どれを買うか迷う人も多く、マスク姿のことを伝えると、「せっかくなのでそれを」という人も。木内さんは、「ちょっとしたことではあるが、予防のきっかけになれば」と話す。

営業時間は9時~19時。第1・第3水曜定休。本店以外に、駅前店(深志1)、蔵の店(中央3)でも扱う。

要約すると、

・松本市の「翁堂本店」のタヌキケーキにマスク姿のものが登場し話題となっている。

・タヌキケーキは昭和のケーキとも言われバタークリームを使用、1958年頃から作り続けている。

・マスク姿のタヌキケーキはSNSにアップし、話題となり商品化となった。

・同店にタヌキケーキはバリエーション豊富に揃えている。

タヌキケーキにマスク姿のものが登場。こんな時だからこそ、甘いものを食べて元気をつけたいところ。素敵な提案だと思いますね。思わず笑顔になってしまいます。

翁堂本店とはどんなお店なのでしょうか?オススメのお菓子は他には何があるのでしょうか?お届けしていきましょう。

翁堂本店とは?

翁堂本店の住所は長野県松本市大手4丁目3-13

創業100年を超えるという歴史ある菓子店です。

タヌキケーキの他にもクッキーや最中、サブレなどのお菓子があります。

本店の他にも、茶房・駅前店・喫茶室・蔵の店と計5店舗の展開。公式サイトからはお菓子を購入することもできます。

残念ながらタヌキケーキの購入はできませんが…。翁飴・翁最中・くるみ餅・ミミ-サブレなど購入することができます。

それではオススメのお菓子を御紹介していきましょう。

翁堂本店のオススメのお菓子は?

ここではTwitterに投稿された翁堂本店のオススメのお菓子を御紹介していきましょう。

手作りでそれぞれ表情が違うというのも個性があっていいですよね。選ぶのに時間がかかってしまいそうです。

お酒に合うお菓子もあるとのこと。子どもから大人まで楽しめるお菓子が揃っているようですね。やはりタヌキケーキの人気が高めと言えるでしょうか。

ちなみにタヌキケーキのお値段は320円です。

翁堂本店のマスク姿のタヌキケーキや翁堂本店についてのネットの反応

翁堂本店のマスク姿のタヌキケーキや翁堂本店についてネットの反応はどうでしょうか。

大人のタヌキケーキ…上土の翁堂本店にて。ラムボールに頭を乗っけただけ…と言うタヌキケーキの大人味版。店先のPOPを見て、思わず買っちゃいましたネ。値札も「1匹」と書いてあって、素敵です。
今どきこんな可愛らしいお菓子に出会えるとは…!! 松本市翁堂本店さんの仲間たち✨
家が近ければ全部連れて帰りたかった😢
本店さんはお持ち帰りのみですが、有名なたぬきケーキは近くのかめのやさんでいただくこともできます。
味どんなやろな……タヌキケーキのバタークリームすら試したことないからわからないや
タヌキの顔とマスク姿の可愛さがツボ…
こういうユーモア大事よね🤗

マスク姿のタヌキケーキの翁堂本店とは?オススメのお菓子は?のまとめ

マスク姿のタヌキケーキの翁堂本店やオススメのお菓子についてをまとめると、

・翁堂本店は長野県松本市にあり、創業100年を超える歴史ある菓子店である。県内に5店舗。
・オススメのお菓子はタヌキケーキに人気がある。お酒に合うお菓子もあり。

新型コロナウイルス感染拡大のニュースが多く流れる中、何だかホッコリするニュースでした。

こんな時だからこそこういうニュースも大事ですよね。タヌキケーキが励ましてくれています。

なかなか手に入れることは難しいかもしれませんが画像を見ることで少しでも笑顔になってくれる方がいれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。