まめ知識

京都のウサギノネドコのヤドとミセの詳細や感想は?鉱物好きさんは必見!

鉱物をモチーフとした水晶パフェが食べられるという京都のカフェ、ウサギノネドコ。ここには他にも”ヤド”と”ミセ”があるとか。全国的にみても珍しいお店と言えるのではないでしょうか?

いったいどんなヤドとミセなのでしょうか?詳細や利用した方たちの感想をお届けしていきましょう。

京都のウサギノネドコについての報道内容

京都のカフェ、ウサギノネドコについての報道内容を確認しましょう。

きれいな石を見て、口に入れてみたくなったことはないだろうか。

筆者は小学生のとき、大事にしていた小さな水晶を食べてみたくて仕方がなかった。ひんやりした手触りの透明な石が、なんだかちょっと甘そうに見えていたのだ。

そんな子どものころの気持ちを満足させてくれそうなパフェが京都にあった。

 

Jタウンネット編集部が2月13日、ウサギノネドコに取材したところ、同店は「自然の造形美を伝える」をコンセプトにしているという。12年に植物や鉱物、動物などの標本を販売する「ミセ」と宿泊施設「ヤド」、15年にミセ・ヤドの隣に「カフェ」をオープン。カフェでは鉱物をモチーフにしたスイーツやフードを提供しているそうだ。

鉱物スイーツは現在「水晶パフェ」「苺の水晶パフェ」「ガーデンクオーツ・ティラミス」「アメシスト・パンナコッタ」「ジルコン・ブラウニー」「鉱物スイーツ・アソート(土日祝限定)」の6種があり、水晶パフェなどはスイーツと一緒に実際の鉱物が手元に届けられる。カフェが所有している数が少ない鉱物の場合、手元で見ることはできないが、店内に展示されており、モチーフとなった鉱物を観察することができる。

要約すると、

・ウサギノネドコは「自然の造形美を伝える」をコンセプトに”ミセ”・”ヤド”・”カフェ”を京都で経営している。

・カフェでは鉱物をモチーフとした6種類のパフェを提供。モチーフとなった鉱物も観察することができる。

・ミセでは鉱物や植物、動物の標本を販売している。

鉱物をモチーフとしたスイーツが食べられるカフェはあまり聞いたことがありませんよね?更にはミセにヤドもあるとは、とても個性的❗いったいどんな感じなのでしょう!?お届けしていきましょう。

京都のウサギノネドコのヤドの詳細と感想は?

京都のウサギノネドコの住所は、京都市中京区西ノ京南原町37

引用 : https://usaginonedoko.net/kyoto/access/

ヤドはウサギノネドコの2階にあります。

昭和の初期に建てられた京町家を改築したもの。1日1組限定で2~5名まで宿泊ができます。

それでは利用した方たちの感想をご覧ください。

食事はありませんが、ミニキッチンと電子レンジ、冷蔵庫がついています。

ウサギノネドコカフェは宿泊者は10%の割引となるそうです。

寝間着はありません。

ウサギノネドコ公式サイトから予約をすることができます。

昔の京都の雰囲気が味わえるヤドとなりそうですね。

京都のウサギノネドコのミセの詳細と感想は?

京都のウサギノネドコのミセには世界中から集められた標本を展示、販売しています。(東京にもお店があります)

開店は11時~18時半まで。木曜日がお休みです。

オリジナルのSola cubeも販売。公式サイトからも購入することができます。

3月1日(日)からはサクラのSola cubeが発売となるそうです。

引用 : https://usaginonedoko.net/info/?id=3907

今は「透明展」が開催中、3月31日(日)まで。

View this post on Instagram

ウサギノネドコ京都店では「透明展」を開催中です! 透明感のある鉱物・植物・生物から、透明そのものの作品や人工物まで。 美しい透明なアイテムをひたすらに集めました。 明日も皆様のご来店をお待ちしております!  作家作品は数に限りがございますので、早めのご来店をおすすめします。 一点物の作品など、ぜひ店頭でご覧ください。   ———————————————— 「透明展」開催概要 ———————————————— ■期間  2020年1月10日(金)〜2020年3月31日(火) ■定休日 木曜日 ■場所  ウサギノネドコ京都店 (京都市中京区西ノ京南原町37) ■時間  ミセ(11:00〜18:30) ————————————————  詳細はプロフィールページリンクからご覧いただけます。   #ウサギノネドコ #usaginonedoko #透明展 #雪の結晶 #新世界透明標本 #透明標本 ##鉱物 #透明 #標本 #京都 #二条 #西大路御池 #Kyoto #Nijo #Nishiojioike #自然の造形美 #artofnature

A post shared by ウサギノネドコ (@usaginonedoko_kyoto) on

それでは訪れた方たちの感想を見ていきましょう。

不思議な世界に訪れたようなミセですね。一度訪れたらまた行きたいと思うお店なのかもしれませんね。

京都のウサギノネドコについてのネットの反応

京都のウサギノネドコについてのネットの反応はどうでしょうか。

鉱物を模したスイーツアソートを頂きました これがもう大変にお洒落……
店内は骨やウニ殻や木の実がたくさん展示されてます
京都から出る前にずっと訪れてみたかったウサギノネドコさんへ。
ウニハンドブックを買ってウニ熱が戻って来てる自分には刺さるお店でした。
予約出来るなら宿泊もしてみたい。
京都二条にございます「ウサギノネドコ」カフェは鉱物や博物学系がお好きな方にはたまらん空間となっております。
天井や床に動物の足跡や、仄暗い空間に浮かぶ無数の生き物たちのカケラが散りばめられていて、いただけるカフェメニューも鉱物をモチーフにしたものばかりです。カフェ営業日は要確認。
お店の前は車で何度も通ってたのですが、本日初めて行ってきました! 内装と雰囲気が素敵
京都のウサギノネドコ という鉱物や標本などを扱っているお店に行ってきた。そこのカフェで食べた「苺の水晶パフェ」が本当に楽しいパフェだったと全世界に向けて叫びたい。

京都のウサギノネドコのヤドとミセの詳細や感想は?のまとめ

京都のウサギノネドコのヤドとミセの詳細や感想についてをまとめると、

・京都のウサギノネドコのヤドは1日1組限定のヤドで5人まで宿泊ができる。
・ヤドは昭和の初期に建てられた京町家を改築したものである。
・ミセには世界から集められた標本やオリジナルのSola cubeが販売されている。
・不思議な世界を味わうことができるミセである。
・訪れた方たち推薦の場所である。

いかがでしたか?京都のウサギノネドコのヤドとミセ。鉱物好きさんには必見の場所と言えるのではないでしょうか?

自然の造形美を楽しみながら買い物をしたり、食事をしたり、泊まったり。他では味わうことができないとっておきの場所と言えるかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。