社会・経済

神戸赤十字病院とは?盗難の医療用サージカルマスクとは?手作りマスクも紹介!

神戸赤十字病院で保管していた医療用のサージカルマスクが盗まれたことが発表されました。

今は新型コロナウイルスの影響によるマスク不足が全国的に問題となっている中での盗難事件となりました。

ここでは医療用サージカルマスクについてや神戸赤十字病院について。更にはマスク不足で悩んでいる方の為に、自宅で簡単にできる手作りマスクの動画もお届けしていきましょう。

神戸赤十字病院で医療用サージカルマスクが盗まれたことについての報道内容

神戸赤十字病院で医療用サージカルマスクが盗まれたことについての報道内容を確認しましょう。

神戸市中央区脇浜海岸通1の神戸赤十字病院で、保管するマスク6千枚が盗まれていたことが18日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、マスクは医療現場や医療用に使用される「サージカルマスク」で、1箱50枚入り。120箱が盗まれたという。

マスクは段ボール箱に入った状態で、3階の機械室に保管されていた。13日の点検で段ボール4つがなくなっていたという。普段、機械室は施錠されており、3階は限られた職員しか立ち入ることができない。

同病院は17日、葺合署に被害届を提出。同署は窃盗事件として捜査している。

神戸赤十字病院の担当者は「在庫はあるので、病院としてすぐに困ることはない。ただ、新型コロナウイルスの感染が広がり、マスクの不足が指摘される中で、こんな事件が起きて残念」と声を落とした。

要約すると、

・神戸赤十字病院で保管していた医療用サージカルマスク120箱(6,000枚)が盗難に遭った。

・保管していた場所は限られた職員しか立ち入ることができない所である。

マスク不足が問題となっているからこそ起きた事件と言えるでしょうか?段ボール4箱ともなると持ち出すと目立ちますよね。限られた人しか入れないとなると、犯人も結構絞られてくるのでは…。

神戸赤十字病院とはどんな病院なのでしょうか?お届けしていきましょう。

盗難に遭った神戸赤十字病院とは?

引用 : https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E8%B5%A4%E5%8D%81%E5%AD%97%E7%97%85%E9%99%A2

神戸赤十字病院は2002年に10月に開設されました。

住所は兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-3-1

2003年には”災害拠点病院”に認定、2011年には”がん診療連携拠点病院”に認定されています。

内科・外科・婦人科・耳鼻咽喉科・小児科・リハビリテ-ション科など、計22の科がある総合病院です。

大きな病院なので医療用マスクもかなりの枚数が必要となりますよね。在庫はあるのですぐに困ることはないとのことですが、いったい犯人は誰なのでしょう。続いては医療用サージカルマスクについてお届けしていきましょう。

医療用サージカルマスクとは?手作りマスクも動画で紹介!

神戸赤十字病院が盗難に遭った医療用サージカルマスクとは…

サージカル(surgical)には”外科の、手術の”という意味があり医療関係者が使用するマスクです。

主に3枚重ねとなっていて、フィルターがあり不織布でできていて使い捨て。もちろんノーズクリップがあり、ジャバラ式です。

バリア率は規定により95%以上のものが医療用サージカルマスクとされています。

ドラッグストアなどでも購入することができます。

下の画像は神戸赤十字病院が盗難に遭った医療用サージカルマスクとは別のものですが、サージカルマスクの見本としてご覧ください。

引用 : https://www.amazon.co.jp/dp/B008WX2OWO/ref=emc_b_5_mob_i

神戸赤十字病院の盗難の被害額は4万円と言われています。(早くに出たニュースでは被害額が480万円と出ている所もありますが、おそらく4万円かと思われます)

転売目的での盗難ではないか?と言われています。

今、日本は皆さんも御存知のように新型コロナウイルスの影響により全国的にマスク不足となっています。

昨日のネットのニュースでも、まだドラッグストアのマスク不足解消の目処はたたないと言われていました。

その為、手作りマスクが注目をされています。インフルエンザの流行は少しずつ落ち着いてきていますが、次にくるのは花粉のシーズン。花粉症の方にとってはマスクは必需品ですよね。

布マスクはあまり花粉症には効果は期待できないようですが、やはりしておく価値はあります。

ここでは布マスクの作り方と、キッチンペーパーでの手作りマスクを動画で御紹介しましょう。

簡単に可愛いあなた好みのマスクができますね。良かったら参考にしてみてくださいね。

神戸赤十字病院が盗難に!医療用サージカルマスクについてのネットの反応

神戸赤十字病院の医療用サージカルマスクが盗まれたことについてネットの反応はどうでしょうか。

あからさまに関係者の仕業で足がつくのは早そう
いずれこういうことは起きるとは思っていたが、本当に起きてしまったな。残念だ。これ、盗んだマスクを自分で使うというよりは多分高額転売する輩が盗んだと見る方が正しいんだろうな。
4箱? 神戸…転売するかも知れないから、チェックだね!
神戸赤十字病院でサージカルマスクが盗まれたって… いや、病院にいるとそんなんよくあるよ…病室前に置いとくといつの間にかなくなってる…
普段施錠した倉庫に保管していたみたいだけど、内部犯行しか考えられないでしょうね。 これだけの数、転売なのかどんな目的にせよどこでも品薄のマスクを狙った犯行、人の心理って恐ろしい…
120箱って、どうやって盗むのだろう。
入院中、セキュリティの人達には、とても親切にしていただいたのだけど…ふえぇ。
神戸赤十字病院ってコードブルーいるとこだよねー重症患者来るとこだから内部犯でも外部犯でもやめて欲しいわ

神戸赤十字病院とは?盗難の医療用サージカルマスクとは?手作りマスクも紹介!のまとめ

神戸赤十字病院が盗難に遭ったことと、医療用サージカルマスクについてをまとめると、

・神戸赤十字病院は22の科がある総合病院である。
・盗難に遭った医療用サージカルマスクの総額は4万円。転売目的ではないか?と言われている。
・医療用サージカルマスクはバリア率は95%以上のものと定められている。
・ドラッグストアやインターネット通販などでも購入することができる。
・手作りマスクはキッチンペーパーでも作れる。

かなり高額な医療用サージカルマスク。いったい犯人は誰なのでしょうか?気になりますね。全国的にマスク不足で困っている方たちもいるというのに、許されない行為です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。