社会・経済

宇部市・OriHime遠足の日程は?分身ロボットOriHimeとは?

山口県宇部市でオリィ研究所で開発された分身ロボット、OriHime(オリヒメ)を使ってOriHime遠足を実証実験することが発表されました。

これは日本で初の試みとのこと。さて遠足の日程は?分身ロボットOriHimeとはどんなロボットなのでしょうか?お届けしていきましょう。

山口で「OriHime遠足」を実証実験についての報道内容

山口県宇部市で「OriHime遠足」を実証実験することについての報道内容を確認しましょう。

インターネットで遠隔操作するロボット「OriHime(オリヒメ)」を使って、外出が困難な人に離れた場所の映像を楽しんでもらおうという実証実験が、来月、宇部市で行なわれます。「オリヒメ」は、子育てや入院など、距離や身体的問題で行きたいところに行けない人の代わりをさせようという「分身ロボット」です。高さ23センチ、重さ660グラムで、東京のオリィ研究所が開発しました。実証実験「OriHime遠足」は、来月、宇部市で行われます。外出することや学校行事に参加することが難しい、宇部総合支援学校と東京の光明学園の児童などが、タブレットで「オリヒメ」を動かし、搭載されたカメラを通して風景などを楽しんでもらおうと企画されました。ときわ動物園やUBEビエンナーレ彫刻の丘を、市の職員などと一緒に進みながら、会話も楽しむことができるということです。オリィ研究所から2体が貸し出され、宇部総合支援学校と光明学園からそれぞれ操作して、教室の映像モニターや音響設備で遠足を疑似体験することになっています。

要約すると、

・宇部市でインターネットで遠隔操作する分身ロボットOriHimeを使って、遠足の実証実験が行われる。

・OriHimeは東京のオリィ研究所によって開発されたロボットである。

・宇部総合支援学校と光明学園の児童などが遠足を疑似体験する。

興味深い内容ですね。分身ロボットOri Hime、名前も可愛くて凄い機能を持ったロボットなのですね。この実証実験が上手くいけばこれから更にいろんなことができそうですよね。

宇部市・OriHime遠足の日程は?

山口県宇部市でのOriHime遠足の日程はどうなっているのか?というと、

令和2年3月4日(水曜日)(時間は調整中)
※荒天の場合は翌日に順延

引用 : https://www.city.ube.yamaguchi.jp/houdou/kanko_global/2019/20200203.html

遠足の場所は、ときわ動物園とUBEビエンナーレ彫刻の丘。

どんな遠足になるのでしょうか?楽しみですね。

それではオリィ研究所のOriHimeについてお届けしていきましょう。

分身ロボットOriHimeとは?

分身ロボットOriHimeは、(株)オリィ研究所で開発されました。

オリィ研究所は2012年9月に設立された会社です。(オリィは折り紙からきているとか。)

この会社は以下のようなコンセプトのもとにつくられました。

「身体的問題や距離をコミュニケーションテクノロジ ーの研究開発により克服し、会いたい人に会えて、社会に参加できる未来」を 実現する為

引用 : https://orihime.orylab.com/

会社を設立したのはロボット研究者の吉藤健太朗さん。1987年11月18日生まれ、奈良県出身。早稲田大学在学中にOriHimeを開発されたそうです。
2月10日、逆転人生にも出演されました。

可愛いですよね。OriHimeにはHDクオリティのカメラにスピーカー、マイクが搭載され、インターネットを通じて遠くにいても操作をすることができます。

パソコン・iPad・スマートフォンなどからの操作が可能でセキュリティ対策もされています。

例えば景色を見回したり、OriHimeの近くにいる人が語りかけたら、操作している人と会話ができるといいます。

まさにその場にいるような体験を操作をしている人が味わうことができるのです。

つまりOriHimeは操作をする人の分身となるわけですね。

オリィ研究所ではこの他にも、テレワークとして活用できる”OriHime-D”や、目の動きだけで意思を伝えることができる”OriHime eye”が開発されています。

オリィ研究所は様々な可能性を広げてくれる会社なんです。

宇部市・OriHime遠足についてや分身ロボットOriHimeについてのネットの反応

宇部市でのOriHime遠足の実証実験についてや、分身ロボットOriHimeについてのネットの反応はどうでしょうか。

宇部市やるなぁ~
ニュースでやってた。
宇部市 | 日本初!「分身ロボットOriHime(オリヒメ)」を使った「OriHime(オリヒメ)遠足」を行います
こういうのがどんどん広がるといいなぁ
これは絶対楽しいはず💓
OriHimeって、物理的に動けない問題を超えるツールとして、個人用を超えて、例えば今回のコロナウイルスみたいに渡航困難になってしまうような事情が発生した時に、開催必至な国際会議などでかなり活躍するツールなのではないかと思った。なんかそんな未来が見える。
NPO・区民活動フォーラム
被災地支援の一環として福島野菜等の販売をOriHimeさんにもお手伝い頂き参加🍀
午前中は日差しが当たらず生身の人間は手が凍りそうでしたが
元気いっぱいのOriHimeさんたちに癒されました🤤
用意していた野菜、甘酒、コーヒーは即完売!!
皆さま有難うございました🌸

宇部市・OriHime遠足の日程は?分身ロボットOriHimeとは?のまとめ

宇部市・OriHime遠足の日程や分身ロボットOriHimeについてをまとめると、

・宇部市でのOriHime遠足の実証実験は3月4日に行われる。
・分身ロボットOriHimeはロボット研究者の吉藤健太朗さんによって開発された。
・分身ロボットOriHimeにはカメラとスピーカーとマイクが搭載され、その場にいる人との会話もできる。
・まさにその場にいるような体験ができるロボットである。

分身ロボットOriHimeは、これまでにできなかったことを可能にしてくれる、夢を叶えてくれるそんなロボットですね。来月に行われるOriHime遠足の実証実験によって、これからの活用が更に期待されるものとなるかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。