社会・経済

首里城の正殿公開の動画、捜査終結の理由とは?

沖縄・首里城の正殿公開が2月4日(火)に初めて行われました。

これは捜査終結となったことから行われたものです。出火の原因は特定できなかったと言われていますが、その理由とはどんなことなのでしょうか?ここでは首里城の正殿公開の動画と、捜査終結となった理由をお届けしていきたいと思います。

首里城の正殿公開についての報道内容

沖縄・首里城の正殿公開についての報道内容を確認しましょう。

沖縄の首里城で起きた火災についての捜査が終結したことを受け、4日、火災現場が初めて公開されました。

「火災から3か月たった今も、焦げたにおいが漂っています。正殿には、屋根にあった竜の飾りの一部や、正殿の木材が焦げた状態のままとなっています」(記者)

去年10月に発生した首里城の火災をめぐっては、出火の原因が特定されないまま、警察の捜査が終結しました。これにより現場の規制が解除され、首里城を管理する沖縄美ら島財団は4日、出火元となった正殿などの区域を初めて公開しました。火災から3か月がたった今も、黒く焼け落ちた無残な姿をさらしています。

財団などは、今年5月のゴールデンウイークの一般公開を目指し、5日から破損した瓦などの撤去作業を始める方針です。

要約すると、

・沖縄の首里城の出火元である正殿が初めて公開された。

・火災から3ヶ月経った今でも焦げた匂いか漂い、正殿の木材は焦げたままの状態である。

・出火原因は特定されないまま捜査は終結している。

・今年のゴールデンウィークには一般公開を予定としており、5日から撤去作業が行われる。

3ヶ月経っても焦げた匂いが残っているというのは火事の凄さを物語っていますよね。火災の原因が特定できなかったというのは非常に残念な話です。

今の科学では解明できなかったのでしょうか?

首里城の正殿公開の動画

首里城の出火元である正殿公開の動画を見てみましょう。

首里城が燃えている所をテレビで見たときもかなりのショックを受けましたが、火災跡を見るのも本当に辛いものですね。火事の恐ろしさを感じさせられます。
撤去作業だけでもかなりかかりそうですね。

出火原因が特定できず捜査終結となったとのことですが、その理由とはどんなことなのでしょうか?お届けしていきましょう。

首里城の火災原因の捜査終結の理由とは?

首里城の火災原因の捜査終結の理由についてニュースではこのように報道されています。

県警は、燃え方が激しく火元とみられる正殿北東部分から電気配線など46点を回収。分電盤に電気を供給する引き込み線や、照明に電気を送る延長コードにショートなどでできる焼け溶けた跡を確認した。

電気系統が出火原因の可能性があるとみて解析したが、火災による損傷が著しく、特定できなかった。火災では約1000度の高温が発生したとみられ、捜査幹部は「ほぼ燃え尽きており、ショート痕かどうかも特定できなかった」とした。

また、正殿内部を含む首里城公園内に設置されていた68台の防犯カメラの映像を解析するなどした結果、放火などの事件性を疑わせる事実は見つからなかった。県や施設を管理する財団の管理態勢に問題があったかどうかについては、「刑罰法令に該当するような事実はなかった」とした。

引用  : https://www.yomiuri.co.jp/national/20200129-OYT1T50230/

火災が激しかった為に電気配線などの損傷がひどく、原因を特定することができなかったのですね。防犯カメラにも疑わしいものは映っていなかったとのこと。

火災から3ヶ月、いろいろと調査はされたと思われます。

何としても原因をハッキリさせたかったとは思われます。捜査終結は苦渋の決断だったのかもしれません。

首里城の正殿公開と捜査終結についてのネットの反応

首里城の正殿公開と捜査終結についてのネットの反応はどうでしょうか。

火災原因はわからない、沖縄県も管理団体も責任は取らない。でも、寄付や補助金はくれってなんで許されるんだ?
原因不明だと再発防止策が定義できないと思うのだけど、どう対応するのでしょうかね?
原因分からず?なんだかなぁ。違和感。
一般公開必要?
昨年10月31日に焼失した沖縄県民の誇りである #首里城 昨日入場規制区域となっている箇所を視察する機会を頂きました。 火災発生後、近くで見るのは初めてだったのでかなりショックでした(虹が切なく感じた)

首里城の正殿公開の動画、捜査終結の理由とは?のまとめ

首里城の正殿公開の動画や捜査終結の理由についてまとめると、

・首里城の出火元である正殿公開は捜査終結によることで行われた。
・焦げた匂いが残っているなど火事の凄さを物語っていた。
・火事が激しかった為に、電気配線や延長コードなどからは原因の特定をすることができなかった。
・防犯カメラにも疑わしいものは映っておらず事件性はないと考えられ、管理体勢にも問題はなく、捜査終結となった。

世界遺産である首里城の火災。多くの人が悲しみ、火災の原因が明らかになることを待っていたと思います。

残念ながら原因は特定できず捜査終結となりました。

本日の正殿公開で再び悲しみに包まれた方も多かったことと思います。

納得できない方もいるとは思われますが、1日でも早く再建できることを望みます。

そして悲しみが二度と起こりませんように…。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。