未分類

育種家とは?鷲澤幸治が”ダリアの神様”と呼ばれる所以とは?

1月28日(火)放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介される、育種家の鷲澤幸治さんは”ダリアの神様”と呼ばれています。

さて、育種家とはどんな方のことを言うのでしょうか?鷲澤幸治さんとはどんな方なのでしょう。そしてダリアの神様と呼ばれる所以とは…?

お届けしていきましょう。

 

育種家とは?鷲澤幸治とは?

1月28日(火) NHK 「プロフェッショナル仕事の流儀」 22時半~にて紹介される鷲澤幸治(わしざわ こうじ)さんは育種家(いくしゅか)です。

育種家とは、植物や家畜を品種改良することによって、新しい品種を作り出す方たちのことを言います。

鷲澤幸治さんはダリヤの育種家です。

鷲澤さんは秋田県仙北郡角舘町(せんぼくぐんかくのだてまち)の生まれ。奥様と二人の息子さんがいらっしゃいます。
年齢は72歳(2020年1月現在)。

鷲澤幸治さんは高校を卒業して貨物・客船の機関士として世界14ヵ国をまわられました。
その時にカナダでダリアとの出会いがあったそうです。

その後、秋田船川港のパイロット事務所へと入り、同時にダリアの栽培についての勉強も独学で始められました。

やがて40歳でパイロット事務所を退職、ダリアの新品種の開発に取り組まれます。
鷲澤さんは畑のそばに小屋を建て、寝泊まりをしながら育種に取り組まれたそうです。

そして1987年秋田県秋田市雄和に「秋田雄和ダリア園(現・秋田国際ダリア園)」をオープンさせました。

続いては鷲澤幸治さんが”ダリアの神様”と呼ばれる所以についてお届けしていきましょう。

 

鷲澤幸治が”ダリアの神様”と呼ばれる所以とは?

引用 : https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AA%E3%82%A2

ダリアという花を御存知でしょうか?ダリアはキク科ダリア属の多年生総植物です。
和名は天竺牡丹(てんじくぼたん)。牡丹の花に形が似ていることから付けられたそうです。

ちなみにこちらが牡丹の花です。

引用 : https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

近くで見ると違いは分かりますが、遠くから見ると分からないかもしれないですね。ですがどちらも大輪の花ですね。

ダリアはメキシコ(高原地)が原産の花で、メキシコの国花となっています。
日本には1842年にオランダから長崎へとやってきました。

ダリアが咲くのは夏の初めから秋にかけて、高温で乾燥したなかで育ちます。

花の色も様々で赤や黄色・オレンジ・紫・白・ピンクなど、色の種類が多いのも特徴と言えるでしょう。花の大きさも5~30㎝と様々です。
花言葉には「華麗・移り気・感謝」などがあります。

ガーデニングの花としても人気があります。
日本では秋田県秋田市や奈良県宇陀市などが生産地となっています。

鷲澤幸治さんはこのダリアに魅せられ育種家となりました。

新しい品種を作り出す時には一般には人工交配が行われますが、鷲澤さんは虫媒(ちゅうばい)によって新品種を作り出しています。

虫媒とはチョウチョや蜂などの昆虫が花粉を運び受粉を媒介することを言います。
鷲澤さんはこの方法でダリアの新しい品種を作り出したのです。

虫媒にこだわる理由はこちらを御覧ください。

素敵だと思いませんか?確かに虫媒の方が更に綺麗なダリアを生み出しそうな気がしますよね。

そして鷲澤幸治さんは平成16年には「国際ダリアショー」において外国部門グランプリを日本人として初受賞されました。

その他には「第27回松下幸之助 花の万博記念賞・松下正治記念賞」 「日本フラワービジネス賞」などを受賞されています。

日本ダリア会の再結成にも尽力され、日本ダリア会理事長も務められています。

※日本ダリア会は1921年に設立されていましたが、活動が休止となっていました。
そして2004年に再結成されたのです。
日本ダリア会ではダリアの勉強会や展示会の開催や出展などの活動が行われています。※

また秋田国際ダリア園には生産者さんや市場関係の方たちが新品種を見に訪れると言います。

このように、鷲澤さんのダリアが非常に注目されていることがお分かり頂けるかと思われます。

日本だけではなく海外でも鷲澤幸治さんは注目され、まさにダリアの神様と呼ばれるにふさわしい方なのです。

それでは鷲澤幸治さんの秋田国際ダリア園についてお届けしていきましょう。

 

鷲澤幸治の秋田国際ダリア園とは?

秋田国際ダリア園の住所は、秋田県秋田市雄和妙法糠塚21

秋田空港からは車で5分。JR秋田駅からは車で30分の所にあります。

周辺にはレストランやチーズ館などがあります。

開園日は8月13日~11月初旬

開園時間は7時~18時まで。入場料は大人400円。小中学生は無料となっています。

現在園長は、鷲澤さんの次男である康二さんが務められています。

秋田国際ダリア園には世界14ヶ国・約700種類ものダリアが咲くと言います。

そして新しい品種が毎年生まれているそうです。訪れた方たちの感想を見てみましょう。

いろんなダリアがありますね。色も鮮やかで本当にダリアは美しい花ですよね。鷲澤幸治さんが魅せられたのも分かります。

NAMAHAGEダリアとは2011年から秋田県が鷲澤幸治さんと連携して作っている秋田県オリジナルのダリアです。

なので秋田の”なまはげ”が名前に付けられています。

毎年新しいNAMAHAGEダリアがデビューしているようですよ。

秋田国際ダリア園のダリアはそれぞれが生き生きと咲いていて、笑顔をたくさんもらえる、また会いにきたいな…と思わせるダリアの国ではないでしょうか。鷲澤幸治さんのダリアを愛する思いが伝わってくるようです。

そして息子さんである康二さんがそれをしっかりと受け継がれている。素敵ですね。

 

育種家とは?鷲澤幸治が”ダリアの神様”と呼ばれる所以とは?についてのまとめ

育種家・鷲澤幸治さんについてお届けしてきました。

ダリアに魅せられて育種家となった鷲澤幸治さん。新しい品種を多く作り出し、ダリアの神様と呼ばれるまでに…。ここまでくるには相当な努力があったことと思われます。

「プロフェッショナル仕事の流儀」ではそんなお話も聞けることでしょう。ぜひ御覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。