まめ知識

高江友作の流木インテリア(画像)と購入方法を紹介!アイスマン福留と友達!

1月21日(火)「マツコの知らない世界」に出演される、流木インテリア作家の高江友作さん。いったいどんな方なのでしょうか?どんな作品を作られているのでしょうか?購入方法は…?

ここでは高江友作さんのプロフィールや作品を画像にて紹介。さらには購入方法についてもお届けしていきたいと思います。

そして高江さんはアイスマン福留さんとお友達だったんです!(福留さんについても紹介しますね)

それでは素敵な流木インテリアの世界をどうぞ御覧ください。

 

高江友作プロフィール&アイスマン福留と友達だった!

引用 : https://www.tomosakutakae.com/pages/2603459/page_201902131147

高江友作(たかえ ともさく)さんは1974年3月生まれの45歳(2020年1月現在)。東京都の出身です。

出身大学は日本体育大学。大学卒業後は講師として務められその後、都内の公立中学校に体育教諭として勤務されます。

流木や原木に魅力を感じ創作活動を始める為、2016年3月に教諭を退職されました。

そして自然のある静岡県へと移住をし、廃屋を改修して自宅兼・工房を造られました。そこで流木や原木といった自然素材にこだわった流木インテリアを独学で製作されます。

2018年9月には、東京の天王洲アイル”寺田倉庫”にて個展 「wood art hermit展~創作して生きる~」 を開かれました。

2019年には木靴のスツールを考案。”T stool” “T chair” “T table”として作品を展開。

同年に静岡文化・クリエイティブ・産業振興センター(CCC)にて「躍動する家具とT stool展」を開かれました。

同年5月には「アトリエ T saku」がオープン。月に一日だけ開かれます。

令和元年に意匠原簿に登録。

高江友作さんは、

“創作して生きる”

“生き方と仕事を繋げる”

引用 : https://wood-art-hermit.com/about/

として流木インテリアの製作に取り組まれています。

そして高江さんはアイスマン福留さんとお友達なんです。

アイスマン福留(アイスマンふくとめ)さんは1973年4月18日生まれ、東京都足立区の出身。2010年からアイスクリーム評論家として、テレビやイベントでの出演を中心に活動されています。

年間に食べるアイスクリームはなんと1000種類とのこと、かなりのアイスマニアであること間違いなし!ですよね。

書籍には「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版)。他には福留さんが開設されたアイスクリームのサイト「コンビニアイスマニア」もあります。

更には「マツコの知らない世界」”冬アイスの世界”にて出演もされました。

何か一つのことに打ち込むという共通点が御二人にはありますね。

アイスマン福留さんのFacebookにて、高江さんが「マツコの知らない世界」に出演されることが紹介されていましたよ。

それでは早速、高江友作さんの作品を画像にてお届けしていきましょう。

 

高江友作の流木インテリアを画像にて紹介!

高江友作さんの流木インテリアには「wood art hermit(ウッドアートハーミット)」と呼ばれる作品と「靴を履いた流木たち(Diftwood wearing shoes)」と呼ばれる作品があります。

後者の作品には3桁のナンバーが付けられています。

それではまずは「ウッドアートハーミット」の作品から御紹介しましょう。

温もりを感じ、癒される作品や、その木の持つ特徴を生かした力強い作品と様々ですね。和室に合う作品から洋室に合う作品までと選択肢もいろいろ。

続いては「靴を履いた流木たち」の作品です。

View this post on Instagram

T011 壮年 manhood 足の筋肉も発達し、どっしりとした雰囲気に仕上がりました。 座面と靴の材は栗の木を使用しています。 耐久性にも保存性にも優れた栗の木材。 玄関に居てくれるだけで、何世代にも渡って一家を守ってくれそうです。 #Tstool #木靴のスツール #woodwork #woodshoes #woodshoesstool #woodstool #woodarthermit #mountainlife #Japan #shizuoka #耐久性 #くり #栗 #クリ #栗の木 #無垢家具 #創作家具 #自然素材 #スツール #静岡 #月1で開くアトリエ #Tsaku #毎月第4日曜日オープン #TOMOSAKUTAKAE #tomosakutakae #高江友作 @wood_art_hermit

A post shared by TOMOSAKU TAKAE / 高江友作 (@tomosakutakae) on

View this post on Instagram

何気なく飾ってくれたピンクの器と観葉植物があまりにも似合っていて… 嬉しくて一枚撮らせていただきました。 使っていただく方の温かさやセンスで、こんなにも作品が生き生きするなんて…。 嬉しい限りです😭。 手触り、温もり、香り、シルエット、使い心地、経年変化…。 もっともっと探求したい。 人が歳を重ね 人生の深みが表れるように 暮らしとともに味わいを深めていく作品をつくりたい。 #Tstool #T010 #クルミのローヒール #無塗装仕上げ #スカートと靴はクルミの木 #足は流木 #2枚目の写真は金のリボン #スツール #TOMOSAKUTAKAE #tomosakutakae #靴を履いた流木たち #高江友作 #流木家具 @wood_art_hermit

A post shared by TOMOSAKU TAKAE / 高江友作 (@tomosakutakae) on

その名の通り、木靴を履いた作品。何だかピノキオを思わせるような可愛らしい木靴。今にも動き出しそうなホッコリ笑顔にさせてくれる作品です。

一部ではありますが以上が高江さんの作品です。

これらの作品の仕上げにはそれぞれの木の特徴に合わせて柿渋や蜜蝋などを使用しているそうです。

独学でこんな素敵な作品を作られるとは驚いてしまいますよね。

さてこの高江友作さんの作品を購入するにはどうすればいいのでしょうか?お届けしていきましょう。

 

高江友作の流木インテリアを購入する方法とは?

高江友作さんの流木インテリアは、月に1日だけ開かれるというアトリエ「T saku」にて購入することができます。

第4日曜日の10時~17時まで開かれています。

事前にメールや電話にて連絡をして欲しいそうです。見たい作品の有無や購入の旨などを伝えて欲しいようです。

住所は : 静岡県静岡市葵区鍵穴38-2

詳しい内容は高江友作さんの公式サイトから確認することができます。

作品についてはインスタグラムにて見ることができますよ。

また個展でも購入できる場合があるようですが、今のところ個展の予定はないようです。

冒頭でもお伝えしたように、高江友作さんは1月21日 (火) 20時57分~ TBS「マツコの知らない世界」に出演されます。
そして高江さんに関するこんなTwitterを見つけました!

教諭時代は野球部の顧問もされていたようですね。生徒さんや保護者の方たちの中には驚かれた方も多かったのではないでしょうか。

生き方がかっこいいとありますが、確かにそうですよね。そんな高江さんの熱い思いも聞けるかもしれませんね。

作品も登場しますので、どうぞお楽しみに。

 

高江友作の流木インテリア(画像)と購入方法を紹介!アイスマン福留と友達!についてのまとめ

流木インテリア作家の高江友作さんのプロフィールや作品、購入方法などについてお届けしてきました。

体育教諭を退職して流木インテリア作家となった高江さん。その作品には力強さを感じさせるものから、ホッコリ笑顔にしてくれる可愛らしい作品までと様々でした。

お気に入りの作品はありましたか?

流木や原木に高江さんが手を加えることによって素晴らしい作品が生まれる。1本の木からこんな作品が作れるの?と驚いてしまうものも多かったですよね。また違う素材の木を組み合わせることによっても味のある作品が生まれる。木の世界って面白いなと思いました。

世界に一つしかない経年変化も楽しめる流木インテリア、興味を持たれた方はぜひ高江友作さんの公式サイトやインスタグラムを訪れてみて下さいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。