芸能

梅宮辰夫のお別れの会はいつ?6度のがんとみんなの反応は?

梅宮辰夫さんががんで死去されました。
お別れの会はいつなのか、6度のガンとはどのようなものなのか、そして死去されたことに対してのみんなの反応を取り上げていきます。

釣りのイメージが強く、また料理が得意な強面の俳優さんとして有名ですが、家族も有名な方で、娘の梅宮アンナさんが世間をにぎやかしたりしていましたね。

 

梅宮辰夫の死去原因は?

梅宮辰夫さんががんで死去されましたが、原因は慢性腎不全です。
亡くなった報道では下記のように報道されています。

俳優の梅宮辰夫さんが12日朝に亡くなりました。81歳でした。

関係者によりますと、俳優の梅宮さんは午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性腎不全のため亡くなりました。梅宮さんは去年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けていました。2016年に十二指腸乳頭部がんを患い、これまで6度のがんを経験したことを長女のアンナさんが明らかにしていました。梅宮さんは東映のニューフェイスとしてデビューし、俳優やテレビタレントとして活躍しました。また、実業家や料理家としても知られていました。

様々ながんを発症してきていていますが、それに関連して腎不全は発症していたのではないでしょうか。

ここ数年は病との闘いが続いていたので、体も限界になっていたのだと思われます。
ただ、若いころから鍛えてきた身体だけに幾度のがんも乗り越えてきていただけに非常に残念なお知らせでした。

 

梅宮辰夫の死去原因の6度のがんとは?

梅宮辰夫さんはこれまでに6度のがんと闘ってきています。
初めてのガンは1974年に睾丸(こうがん)ガンということで、31歳の若いころに発症しています。
その後転移しての肺がんということなので、元気そうな力づよい発言の裏には、このような闘病生活もあったんだなあって思います。

1974年 睾丸(こうがん)ガン
不明 肺ガン
不明 胃ガン
2016年 十二指腸乳頭部(じゅうにしちょうにゅうとうぶ)ガン
2018年9月 前立腺(ぜんりつせん)ガン
2019年1月 尿管(にょうかん)ガン

人工透析中での慢性腎不全ですので、尿管(にょうかん)ガンでの腎臓摘出が体への負担に影響していたに違いありません。

 

梅宮辰夫のお別れの会はいつ?

2017年に脳リンパ腫のため死去した俳優の松方弘樹さんのお別れの会を発起人として行ったのは梅宮辰夫さんでした。

その時に松方弘樹さんに向けた言葉がこちらです。

50代男性
50代男性
「弘樹、おまえと知り合って、もう60年ぐらいたつのかな…」

「覚えてるか。今から35年前、アラスカにキングサーモンを釣りに行ったよね。その時、おまえが何と言ったか…。ロケの最中に『この年の4歳違いは“70過ぎたら違ってくるぜ”』と、おまえはそう言ったんだよ。その時ね、俺は『何言ってやがる、おまえが先に死んでたまるか』と思った。でもおまえが先に逝っちまった。寂しい…」

「釣りに行く時に、俺が作った弁当をいつも持って出るんだけど『おまえの方が小さい』とか『俺の方が大きい』とか必ず言ってたよな。それはもうこれでなくなった。でも俺の弁当が食いたくなったらいつでも…いつでも言え。すぐ作ってどこにでも届けてやるから」

「俺は来週、沖縄の宮古島に行く。おまえも着いてこい。もう一度、カジキとマグロの釣り方、きっちり教え込んでやるから。じゃあ…!」

今回は見送られる側になるのですが、天国で松方さんと再会できるのでしょうか。

梅宮辰夫さんのお別れの会は誰かが発起人となって計画されると思いますが、日程等は発表になっていませんので、情報が入り次第掲載していきたいと思います。

梅宮辰夫ファミリーの動画がありますので、ご覧ください。
クラウディアさんとのデキ婚のエピソードなども話されています。

梅宮辰夫の死去みんなの反応

 

梅宮辰夫のお別れの会はいつ?6度のがんとみんなの反応は?まとめ

梅宮辰夫のお別れの会がいつあるのかや6度のがんと闘ってきたということで、6度のがんの内容と死去されたことに対してのみんなの反応をお届けしました。

強面の往年のスターたちが次々と亡くなってしまってきているので、とても寂しいと感じられている方がほとんどなのですが、これからも出演作品など素晴らしいものを残しているので、同じような俳優さんが出てくることを楽しみにしておきましょう。

梅宮辰夫さんのご冥福をお祈り申し上げます。